新宅 究典 Shintaku Sadanori

ID:9000254099132

北九州総合病院透析科 Department of Artificial Organs, Kitakyusyu General Hospital (2003年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • A case of chronic renal failure complicated with hyperammonemia due to idiopathic portal hypertension.  [in Japanese]

    Noriyuki Toshio , Shimatani Kunihiko , Shintaku Sadanori

    門脈圧亢進症, 門脈大循環系シャントによる高アンモニア血症を有する慢性腎不全患者に対して血液透析を導入し, ラクツロース, 分岐鎖アミノ酸製剤の投与および維持血液透析で血清アンモニア濃度のコントロールと症状の改善維持を認めたので報告する. 症例: 76歳, 女性. 臨床経過: 1999年6月より, 腎機能障害を認め, 保存的治療が行われていたが, 2001年4月27日腎機能の悪化, 5月1日無尿, …

    Nihon Toseki Igakkai Zasshi 36(7), 1279-1283, 2003

    J-STAGE 

Page Top