金子 千之 KANEKO Chiyuki

ID:9000254189710

藤田保健衛生大学医学部総合医科学研究所病態細胞学研究部門 Division of Pathological Cytology, Institute for Comprehensive Medical Science, Fujita Health University School of Medicine (1994年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • Consecutive observations of Papanicolaou-stained cells by scanning and transmission electron microscopy.  [in Japanese]

    NIIMI Hajime , KANEKO Chiyuki , SHINZATO Masanori , SHAMOTO Mikihiro

    日常体腔液の細胞診断に際してしばしば癌細胞, 中皮細胞, マクロファージの鑑別には苦慮することがある.われわれは自家製フイルムスライドを作製して細胞を塗抹後, 1%グルタールアルデヒド (GA) で30分間固定し, 通常のPapanicolaou (Pap.) 染色をした後, ただちに電顕用二重固定を実施しPap.染色細胞の光顕 (LM) 一走査型電顕 (SEM) 一透過型電顕 (TEM) 連続観 …

    The Journal of the Japanese Society of Clinical Cytology 33(1), 43-52, 1994

    J-STAGE 

Page Top