大森 正樹 OHMORI Masaki

ID:9000254190737

香川医科大学第1病理 Department of Pathology, Kagawa Medical School (1996年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • Usefulness of cytodiagnosis in fine needle biopsy of intrahepatic small tumors.  [in Japanese]

    KOBAYASHI Shoji , KAWAGUCHI Mitsuhiko , YAMADA Keisuke , MIKI Hiroshi , OHMORI Masaki

    肝内小結節性病変の針生検時に得られた細胞診と組織診を対比して, 肝生検における細胞診の有用性を証明した. 対象とした69結節のうち良性病変は14結節で, 結節性脂肪変性, 肝硬変の再生結節, 腺腫様過形成などがみられ, それぞれの組織に対応した細胞像が認められた. 悪性腫瘍は55結節で, 高分化型肝細胞癌は43結節で細胞診では30結節 (約70%) に正診が得られた. 中分化肝細胞癌, 転移癌では …

    The Journal of the Japanese Society of Clinical Cytology 35(5), 393-400, 1996

    J-STAGE 

Page Top