古川 仭 Furukawa Mitsuru

ID:9000254292242

金沢大学医学部耳鼻咽喉科学教室 Department of Otolaryngology Kanazawa University School of Medicine (2000年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-20 of 20

  • Drug-Resistant Streptococcus Pneumoniae in Healthy Children in Kanazawa, Japan.  [in Japanese]

    Ito Makoto , Shirai Akiko , Sakunaka Kaori , Tsukatani Toshiaki , 渋谷 和郎 , 吉崎 智一 , 西村 俊郎 , 三輪 高喜 , Furukawa Mitsuru

    ペニシリン耐性肺炎球菌は近年急激に増加してきていることが知られているが, 健常児における鼻咽腔からの耐性肺炎球菌の検出状況についての知見は限られている。今回ペニシリン耐性肺炎球菌感染の危険因子としての集団保育の意味を検討するとともに, 肺炎球菌検出と実際の臨床症状の関係を検討するために, 1歳6ヵ月児健康審査に集まった小児72例を対象に調査を行った。<BR>その結果, 全72例中肺炎球 …

    JIBI INKOKA TEMBO 43(6), 540-546, 2000

    J-STAGE 

  • Attack of exudactive otitis media and development of speech.  [in Japanese]

    能登谷 晶子 , 室野 亜希子 , 鈴木 重忠 , 古川 仭

    AUDIOLOGY JAPAN 39(5), 621-622, 1996

    J-STAGE 

  • Olfactory failure.Recent topics.(1).  [in Japanese]

    三輪 高喜 , 古川 仭

    JIBI INKOKA TEMBO 37(4), 472-479, 1994

    J-STAGE 

  • A Case of Parapharyngeal Abscess in a Child.  [in Japanese]

    Takeshita Hajime , Tsukatani Toshiaki , Yamazaki Yoshifumi , Furukawa Mitsuru

    小児における副咽頭間隙膿瘍は非常に稀である。今回2歳男児の副咽頭間隙膿瘍症例を経験したので報告し, あわせて副咽頭間隙膿瘍に対する診断および治療方法に対し考察を行う。<BR>1993年7月6日, 2歳男子が右顎下部と右軟口蓋の著明な腫脹を主訴に当院を受診した。CTスキャンと超音波検査により副咽頭間隙に膿瘍形成が認められた。扁桃周囲膿瘍による副咽頭間隙膿瘍と診断し, 顎下部より外切開にて …

    JIBI INKOKA TEMBO 37(4), 419-423, 1994

    J-STAGE 

  • A case of osteoma from vomer bone of the nasal septum.  [in Japanese]

    Takeshita Hajime , Nakagawa Shirou , Sakumoto Shin , Furukawa Mitsuru

    骨腫は頭蓋骨や顔面骨など膜性骨よりおこる稀な腫瘍である。鼻中隔を構成する鋤骨より発生した骨腫の1症例を経験したので報告する。<BR>1992年12月, 65歳女性が左鼻の鼻閉にて当院を受診した。左鼻腔に表面を浮腫性の粘膜で被われた骨様硬の腫瘤を認めた。CTスキャンでは左鼻中隔鋤骨に基部を有する骨様陰影の腫瘍であった。鼻内視鏡下に腫瘍を全摘出した。<BR>鼻中隔鋤骨原発骨腫報 …

    JIBI INKOKA TEMBO 37(3), 322-325, 1994

    J-STAGE 

  • 小児先天聾に対する人工内耳の1例  [in Japanese]

    能登谷 晶子 , 鈴木 重忠 , 岡部 陽三 , 古川 仭

    AUDIOLOGY JAPAN 36(5), 427-428, 1993

    J-STAGE 

  • Clinical observation on central olfactory disorders.  [in Japanese]

    Kimura Yasuyuki , Donjo Takeo , Tsukatani Toshiaki , Sakumoto Makoto , Miwa Takaki , 古川 仭

    中枢性嗅覚障害で病変の局在がはっきりしている脳腫瘍10例を対象に臨床的検討を行った。自覚的に「正常」と答えた7例中, 実際に検査上正常だった症例はなかった。認知嗅力損失で左右差のあった症例が8例あり, 単鼻孔嗅検査は不可欠と考えられた。検知/認知の差が2.0以上あった解離現象を示した症例が5例あった。解離現象は第3次嗅覚中枢の障害の他に嗅覚の伝達情報量が不足した場合でも起こりうると考えられた。静脈 …

    JIBI INKOKA TEMBO 36(6), 709-716, 1993

    J-STAGE 

  • Nasal and lower altitudinal quadrantanopsia resulting from maxillary sinusitis.  [in Japanese]

    Shibutani Kazuo , Kimura Yasuyuki , Nagayama Ikuo , Furukawa Mitsuru

    副鼻腔と眼窩, 視神経は解剖学的に隣接するため, 嚢胞性疾患や腫瘍のみならず, 副鼻腔炎も視野障害などの眼症状を引き起こす原因となり得る。今回我々は副鼻腔炎, 特に上顎洞炎の炎症波及によると思われる鼻側下1/4盲を経験したので報告した。症例は55歳の男性。他科で左鼻側下1/4盲を指摘され当科に紹介された。MRI, CTにて左前部篩骨洞, 上顎洞の高度陰影を見た。また上顎洞は発育が非常に良好で, そ …

    JIBI INKOKA TEMBO 36(6), 717-722, 1993

    J-STAGE 

  • Hearing and Speech Assessment in A Case of Xeroderma Pigmentosum.  [in Japanese]

    Notoya Masako , Suzuki Shigetada , Takada Minoru , Takiguchi Tetsuya , Furukawa Mitsuru

    色素性乾皮症A群の1例の聴力悪化の経過と言語機能検査成績について報告した。 7歳2ヵ月頃までは右耳の聴力は34dBでほぼ正常範囲にあったが, 同時期の左耳はすでに60dBの難聴であった。 7歳5ヵ月には右耳も70dB台の難聴となり, 補聴器装用を開始した。 補聴効果は比較的良好であった。 本例における難聴の進行が左右同時でなかった点で, 既報告例と異なっていた。 また, 難聴の性質は末梢性と中枢性 …

    AUDIOLOGY JAPAN 35(5), 557-561, 1992

    J-STAGE 

  • Reconstruction of the cheek after cancer excision. Use of free latissimus dorsi flap and free iliac bone.:USE OF FREE LATISSIMUS DORSI FLAP AND FREE ILIAC BONE  [in Japanese]

    Okabe Yozo , 作本 真 , 長山 郁生 , 古川 仭

    上顎腫瘍術後の顔面欠損に対し, 整形外科の協力のもとに遊離広背筋皮弁と遊離腸骨を用いて再建術を行った。症例は48歳, 女性で右上顎洞の未分化型扁平上皮癌に対する放射線療法, 化学療法施行後の再発例である。上顎上半部を顔面皮膚, 眼窩底骨を含めて切除後, 半年の観察期間をおいて遊離広背筋で欠損を修復し, 眼窩底は遊離腸骨で再建した。顔面再建における問題点と今後の課題について文献的考察を加えた。

    JIBI INKOKA TEMBO 35(4), 319-322, 1992

    J-STAGE 

  • A case of pemphigus vulgalis with mucosal lesions in the upper respiratory tract.  [in Japanese]

    田中 佐一良 , 古川 仭 , 熊谷 武夫 , 服部 邦之 , 森 和久 , 日尾 清史 , 太田 正之

    A case of pemphigus vulgalis with mucosal lesions in the upper respiratory tract is reported. A 63-year-old female complained of oral pain, sore throat and hoarseness. The clinical examination reveale …

    JIBI INKOKA TEMBO 34(4), 441-447, 1991

    J-STAGE 

  • 2 cases of pure sensory aphasia which showed the abnormality of ABR.  [in Japanese]

    佐藤 達宏 , 鈴木 重忠 , 能登谷 晶子 , 石丸 正 , 古川 仭

    AUDIOLOGY JAPAN 33(5), 561-562, 1990

    J-STAGE 

  • The correlation between new short sound audiometry result and SISI test result.  [in Japanese]

    石丸 正 , 佐藤 達宏 , 井本 浩二 , 古川 仭 , 鈴木 重忠

    AUDIOLOGY JAPAN 33(5), 457-458, 1990

    J-STAGE 

  • New short sound audiometry result.  [in Japanese]

    鈴木 重忠 , 能登 谷晶子 , 佐藤 達宏 , 石丸 正 , 古川 仭

    AUDIOLOGY JAPAN 33(5), 455-456, 1990

    J-STAGE 

  • Evaluation of labelling index of lingual epithelium in mice. Using anti-BrdU monoclonal antibody.:UsINGANTI-BrdU MONOCLONALANTIBODY  [in Japanese]

    Kimura Yasuyuki , 三輪 高喜 , 土定 建夫 , 坂下 英雄 , 古川 仭 , 梅田 良三

    最近, チミジンのアナログのBrdUを複製途中のDNAに取り込ませてその局仕を符異附なモノクローナル抗体で調べる非放射性の免疫組織化学的手法が開発されている。この研究ではマウスの舌上皮の細胞標識率と細胞動態をこの方法で観察した。<BR>結果は次の通りである。<BR>1.パーセント標識率は次の方法で表した。取り込みのみられる細胞の数を基底細胞の数で除した。平均の標識率は9.1 …

    JIBI INKOKA TEMBO 33(4), 297-302, 1990

    J-STAGE 

  • 入眠時聴性開眼反応による乳児難聴選別プログラム7年間の成績  [in Japanese]

    鈴木 重忠 , 能登谷 晶子 , 古川 仭 , 宮崎 為夫 , 梅田 良三 , 相野田 紀子 , 山下 公一

    AUDIOLOGY JAPAN 31(5), 631-632, 1988

    J-STAGE 

  • Massive cepharanthine internal therapy for exudative otitis media in children and its effect.  [in Japanese]

    三輪 高喜 , 梅田 良三 , 宮崎 為夫 , 古川 仭 , 岡部 陽三 , 西郡 聡 , 山本 憲 , 石橋 陽二 , 井本 浩二

    JIBI INKOKA TEMBO 31, 503-508, 1988

    J-STAGE 

  • Studies on therapeutic results with OK-432 in head and neck cancers. Comparative studies between long-term and short-term administration by random sampling.  [in Japanese]

    澤木 修二 , 野村 恭也 , 浅井 昌大 , 佃 守 , 久保田 彰 , 梅田 良三 , 古川 仭 , 田端 敏秀 , 嶽 良博 , 雲井 健雄 , 小笠原 寛 , 持松 いづみ , 酒井 俊一 , 伊東 真人 , 開原 成允 , 宮田 佳代子 , 志藤 文明 , 保喜 克文 , 朴沢 二郎 , 斎藤 久樹 , 森田 守 , 宮田 守

    JIBI INKOKA TEMBO 31, 13-21, 1988

    J-STAGE 

  • Electrophysiological study of auditory eye opening response.  [in Japanese]

    Suzuki Shigetada , Notoya Masako , Furukawa Mitsuru , Miyazaki Tameo , Umeda Ryozo

    The auditory response in which the eyes were opened slowly when the sound stimuli were presented to the subjects soon after they are going to fall into sleep was called as the auditory eye opening res …

    AUDIOLOGY JAPAN 28(6), 848-854, 1985

    J-STAGE 

  • 入眠時聴性開眼反応の電気生理学的研究  [in Japanese]

    鈴木 重忠 , 能登 谷晶子 , 古川 仭 , 宮崎 為夫 , 梅田 良三

    AUDIOLOGY JAPAN 28(4), 327-328, 1985

    J-STAGE 

Page Top