野原 修

ID:9000254296745

東京慈恵会医科大学耳鼻咽喉科学教室 (2002年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • Efficacy of Ramatroban in Japanese Cedar Pollinosis. Results of a Multi-Center Open Study in Tokyo.:RESULTS OF A MULTI-CENTER OPEN STUDY IN TOKYO  [in Japanese]

    Suzaki Harumi , 久松 建一 , 牧山 清 , 木島 太郎 , 鈴木 衞 , 荒木 進 , 濱田 文香 , 山口 太郎 , 北村 剛一 , 森山 寛 , 野原 , Imai Toru , 大森 剛哉 , 茂呂 八千世 , 吉原 俊雄 , 窪田 市世 , 篠 昭男 , 西嶋 文美 , 大越 俊夫 , 大木 幹文 , 遠藤 朝彦 , Ohkubo Kimihiro , 瀬戸 浩之 , 難波 真由美 , 平野 寿美子 , 後藤 穣 , 市川 銀一郎 , 古川 朋靖

    2000年以来3年連続スギ花粉の大量飛散年であった2002年の東京において, 多施設共同でスギ花粉症に対するラマトロバンによる初期治療効果を初期治療群と飛散後治療群とに群別し比較検討した。その結果, くしゃみ発作, 鼻漏, 鼻閉, 日常生活の支障度, 三主徴, Symptom Medication Score はいずれもスギ花粉飛散ピ-ク時以降, 初期治療群が飛散後治療群より有意にスコアを抑制した …

    JIBI INKOKA TEMBO 45(6), 517-526, 2002

    J-STAGE 

Page Top