安田 浩章 YASUDA Hiroaki

ID:9000254341427

徳島大学医学部放射線医学教室 Department of Radiology, The University of Tokushima (2002年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • Insufficiency fractures following radiation therapy for gynecologic malignancies.

    IKUSHIMA Hitoshi , TAKEGAWA Yoshihiro , MATSUKI Hirokazu , YASUDA Hiroaki , KAWANAKA Takashi , SHIBA Atsushi , KISHIDA Yoshiomi , IWAMOTO Seiji , NISHITANI Hiromu

    【目的】子富癌に舛しで骨盤部放射線治療を施行した患者において晩期有害事象であるInsufficiency fracture (IF) の発生頻度とその臨床経過を検討した.<BR>【対象と方法】2000年4月~200藍年3月の間に外来診療を行った子宮癌放射線治療後の108例を対象とした. 放射線治療時の年齢は26歳~88歳 (中央値62歳) で経過観察期間中央値は50ヶ月である. 放射線 …

    The Journal of JASTRO 14(4), 229-232, 2002

    J-STAGE 

Page Top