加藤 綾子 Kato Ayako

ID:9000254348180

鶴見大学歯学部細菌学教室 Tsurumi University, School of Dental Medicine Department of Bacteriology (1991年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • An experimental dental caries model using inbred mouse strains.  [in Japanese]

    Kato Ayako , Maeda Nobuko , Nakano Masako , Tanaka Rin , Fujita Hiroshi

    近交系マウスの口腔固有の常在菌によってウ蝕を発症させる実験モデルを作製した。C57BL/6N系マウスと高蔗糖飼料 (D#2000) を用いた実験から, 3週齢のメス, 飼料中の蔗糖量30%, 5週間飼育が最も効率よくウ蝕を発症させることがわかった。6種類の近交系マウスのウ蝕感受性を比較するとBALB/cA, C-57BL/6N, DBA/2N, IQIの順でウ蝕感受性が高く, C3H/HeNはウ蝕 …

    Japanese Journal of Oral Biology 33(1), 46-60, 1991

    J-STAGE 

Page Top