諸岡 晴美 Morooka Harumi

ID:9000254359632

富山大学 <I>Toyama University</I> (2004年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-20 of 20

  • A Shadow Effect of Shadow-Type Pnatyhose.  [in Japanese]

    MOROOKA Hideo , ORHON Sambuunyam , MANABE Ikuyo , MOROOKA Harumi , NAKAHASHI Miyuki , MATSUMOTO Yo-ichi

    本研究はシャドータイプパンティストッキングのシャドー効果を実験的に検証することを目的とする.使用したパンティストッキングはベージュ色で側面の中央に濃い色のベージュ色部分, すなわちシャドー部があり, このシャドー部は脚をより細く, 真っ直ぐに, 美しく見せるためにつけられている.視感調査と光学的実験を行い, 普通色と濃色ベージュのシャドータイプパンティストッキングのシャドー効果は有効であることを, …

    JOURNAL of the JAPAN RESEARCH ASSOCIATION for TEXTILE END-USES 45(3), 207-215, 2004

    J-STAGE 

  • Comparison of Clothing Shop Windows in Kansai District, Japan and Italy.y  [in Japanese]

    TAO Sun , MOROOKA Hideo , MOROOKA Harumi , NAKAHASHI Miyuki , MANABE Ikuyo

    衣服用ショーウインドーの設計要因を抽出するために, 日本 (関西) とイタリアの主要都市における衣服用ショーウインドーの比較を行った.試料には2001年3月~5月中に撮影した衣服用ショーウインドーの写真を用い, 衣服用ショーウインドーの外観および形態の分類, 内部構成品の比較, 観察者 (女子大生) を用いたSD法による主観評価実験などの分析を行った.その結果, 衣服用ショーウインドーには衣服, …

    JOURNAL of the JAPAN RESEARCH ASSOCIATION for TEXTILE END-USES 44(6), 321-331, 2003

    J-STAGE 

  • Effect of Clothing Pressure on Front and Back of Lower Leg on Compressive Feeling.  [in Japanese]

    Nakahashi Miyuki , Morooka Harumi , Morooka Hideo , Hiraga Satoshi , Deguchi Junko

    圧迫力の大きいストッキング等の圧感覚を低下させることを目的とし, 脚部周径方向の圧分布に着目し, 下腿部前面および後面の圧に対する弁別閾の相違を明らかにした.また, ループ長の大小により圧コントロールした試作ストッキングと従来品との圧感覚の相違を比較検討した.結果は次に示す通りである.<BR>1) 下腿部前面の弁別閾は, 約25gf/cm<SUP>2</SUP> …

    JOURNAL of the JAPAN RESEARCH ASSOCIATION for TEXTILE END-USES 40(10), 661-668, 1999

    J-STAGE 

  • Compressive Property of Legs and Clothing Pressure of Pantyhose From the View Point of Difference in Age.  [in Japanese]

    Morooka Harumi , Nakahashi Miyuki , Morooka Hideo

    脚部の圧縮特性およびPS着用による圧迫 (衣服圧) , 主観評価における年齢差を明らかにするために, 10代 (Jグループ) , 20代 (Uグループ) , 40代 (Aグループ) の幅広い年齢層の女性, 計34名を被験者として実験を行った.結果は次に示す通りである.<BR>1) 加齢とともに, 圧縮変形量および圧縮エネルギーは大きくなり, 圧縮回復性は低下した.<BR>2 …

    JOURNAL of the JAPAN RESEARCH ASSOCIATION for TEXTILE END-USES 38(6), 324-332, 1997

    J-STAGE 

  • Tensile Property of Waist Band of Pantyhose and Strain in Wear.  [in Japanese]

    Morooka Harumi , Morooka Hideo

    現在市販されているPS60種のウェストバンドの長さ・幅および引張り特性を明らかにするとともに, 代表的なバンド6種を抽出して, 着用実験を行った.結果は次に示す通りである.<BR>1) 市販PSのニットインタイプバンドの長さおよび幅の範囲は大きかった.また, ウェスト寸法62cmの人体に着用した場合を想定した時の張力は, 150gf~600gfであり, 広範囲に分布していた.<B …

    JOURNAL of the JAPAN RESEARCH ASSOCIATION for TEXTILE END-USES 38(1), 46-54, 1997

    J-STAGE 

  • Heat and Water Transfer Properties of Pantyhose and Factors Affecting Those Properties.  [in Japanese]

    Morooka Harumi , Morooka Hideo

    本研究は, 温熱的に快適なPSを設計するための具体的な指針を得ることを目的とし, PSの熱・水分移動特性の特徴とそれに影響を及ぼす要因を分析した.また, PSの熱・水分移動特性を予測するための式を導出した.結果は以下に示す通りである.<BR>(1) ゾッキタイプは, 交編タイプより重くて保温性があり水分率が小さかった.また, ウーリータイプは, 交編タイプより軽くて水分率が大きく, シ …

    JOURNAL of the JAPAN RESEARCH ASSOCIATION for TEXTILE END-USES 37(6), 300-307, 1996

    J-STAGE 

  • The Influence of Localized Pressure of Lower Body on the Amount of Skin Blood Flow. An Assumption to Establish a Design Guide to Support Panty Hose.  [in Japanese]

    川 秀子 , 諸岡 晴美 , 北村 潔和 , 諸岡 英雄

    JOURNAL of the JAPAN RESEARCH ASSOCIATION for TEXTILE END-USES 36(7), 491-494, 1995

    J-STAGE 

  • Effects of Support pantyhose on Silhouette and Swelling of Lower limbs.

    Morooka Harumi , Kawa Hideko , Morooka Hideo

    最近, 需要が増えたサポートパンティストッキングは女性の脚を細く美しいシルエットにするとか, 浮腫みを少なくするとかのように宣伝されている.本研究は, サポートパンティストッキングのそれらに対する効果の真偽を確かめることを目的とした.衣服圧の高・中・低の3種のパンティストッキングを試料とし, 女子大学生を被験者として下肢部のシルエットに関する実験を, またパンティストッキング工場で働く定位置立位作 …

    JOURNAL of the JAPAN RESEARCH ASSOCIATION for TEXTILE END-USES 36(5), 389-395, 1995

    J-STAGE 

  • Relationships of Slip in Shoes to Frictional Property and Cloth Thickness of Men's Socks.

    Morooka Hideo , Morooka Harumi , Seto Tomoko , Shutoh Akiko , Azuma Yoshiaki

    本研究は, 靴内において通常の歩行に支障をきたすような滑りを発現しない紳士用靴下を設計する為の基礎的資料を得ることを目的にしている.紳士用靴下は日本製で, 1990年に日本で市販された合計34種類を用いた.被験者には合計13名の日本人成人男性を用いた.実験室内において試着したときと実生活において実用したときの2滑り感の評価が, semantic differential methodによってなされ …

    JOURNAL of the JAPAN RESEARCH ASSOCIATION for TEXTILE END-USES 35(12), 682-690, 1994

    J-STAGE 

  • Touch of Pantyhose Evaluated by Women Students Susceptible to Dermatologic Hazards.  [in Japanese]

    Morooka Hideo , Shuto Akiko , Seto Tomoko , Morooka Harumi

    現在でもパンティストッキングの着用により, 軽い皮膚障害を受けやすい人が多数存在する.本研究は, それらの人が快適な肌触りを感じることができるパンティストッキングの種類や, 設計のための基礎資料を見出すことを目的としている.3名の皮膚障害を受けやすい女子大生を用いて, 19種類のパンティストッキングの肌触りと, 肌触りとパンティストッキングの力学特性との関連が検討され, 次の諸結果が得られた.&l …

    JOURNAL of the JAPAN RESEARCH ASSOCIATION for TEXTILE END-USES 34(10), 540-547, 1993

    J-STAGE 

  • Relationship between skin contact feeling and frictional property of blouses.  [in Japanese]

    Morooka Hideo , Morooka Harumi , Yagyuu Yukie , Chiba Sakie

    本研究はブラウスの肌触りの評価における摩擦特性の役割を明らかにすることを目的としている.1988年に市販された21種の春秋物ブラウスの肌触りが30人の女子大生によって評価されている.ブラウス布の摩擦特性は前腕ベルト法とKES法によって得られている.前腕ベルト法は女子大生の前腕皮膚と布との摩擦を, KES法は布とピアノ線との摩擦を測定している.肌触りと摩擦特性との関連が検討され, 次のような結果を得 …

    JOURNAL of the JAPAN RESEARCH ASSOCIATION for TEXTILE END-USES 32(3), 112-119, 1991

    J-STAGE 

  • Wearing comfort of underwear and physical properties of materials. On underwears of two-layered knitted fabrics.:—On Underwears of Two-layered Knitted Fabrics—  [in Japanese]

    Morooka Harumi , Niwa Masako

    肌着の着用感を素材物性から予測するための手掛かりを得ることを目的として, 二層構造肌着および従来からの綿肌着を用いて着用感のフィールド調査および素材の種々の物理特性を測定し, 次の成果を得た.<BR>1) 二層構造肌着の着用感の特徴が綿肌着との比較において明らかとなった.<BR>2) 肌着素材の熱・水分移動特性, 力学的特性, 表面特性等の物理特性値と肌着の主観的な着用感評 …

    JOURNAL of the JAPAN RESEARCH ASSOCIATION for TEXTILE END-USES 29(10), 424-431, 1988

    J-STAGE 

  • Coefficient of friction between knitted fabric and human skin and its prediction.  [in Japanese]

    Morooka Harumi , Niwa Masako

    布と皮膚との摩擦係数に影響を及ぼす布の水分率依存性を検討するために, 肌に直接つける肌着用編布 (スポーツシャツ用編布を含む) 14点を試料とし, 標準状態, 20℃, 93%RH内での調湿および50%, 100%水分率の計4段階の布の含水状態下で布と皮膚との摩擦係数を10gf/cm<SUP>2</SUP>の圧力下で測定した.被験者は成人女子5名とし, 左前腕内側面を測定部 …

    JOURNAL of the JAPAN RESEARCH ASSOCIATION for TEXTILE END-USES 29(11), 486-493, 1988

    J-STAGE 

  • Change of Physical Properties and Handle of Baby's Underwear by Home Laundering  [in Japanese]

    Morooka Harumi , Niwa Masako

    乳児用肌着編布の試験片による繰り返し洗たくを100回行い, その間の物性変化および風合い変化挙動を調べ, 考察した.一方, 3名の乳児を被験者とし, 同編布のシャツの着用・洗たくのサイクルを30回繰り返した結果と試験片での結果を比較検討した.<BR>1.洗たく回数Nの平方根, √Nに対しほぼ直線的に伸びにくく, せん断かたくなり, 圧縮かたくなる傾向が認められた.<BR>2 …

    JOURNAL of the JAPAN RESEARCH ASSOCIATION for TEXTILE END-USES 27(1), 36-44, 1986

    J-STAGE 

  • Discussion on the prediction of sweating rate by regression analysis. On the basis of data cited from literatures.:—On the Basis of Data Cited From Literatures—  [in Japanese]

    Morooka Harumi , Sogo Takayo , Niwa Masako

    発汗量を人間一衣服一環境系の各因子を用いて予測することを目的として, 生理学および家政学分野における国内外の研究論文から発汗に関する成人男女644例のデータを収集し, 回帰分析を行った.その結果, 次式の発汗量予測式が導かれた.<BR><I>log</I> (<I>SR</I>) =0.290×<I>MR</I>- …

    JOURNAL of the JAPAN RESEARCH ASSOCIATION for TEXTILE END-USES 27(2), 83-88, 1986

    J-STAGE 

  • Heat and water transport properties of knitted fabric for underwears.  [in Japanese]

    Morooka Harumi , Niwa Masako

    肌着材料の顕熱抵抗<I>R<SUB>a</SUB></I>および潜熱抵抗<I>R<SUB>e</SUB></I>を試料と熱板との間, 風速Vおよび風同きを変化させて測定した.また, 液体水が試料に直接作用する場合の過渡的な放熱特性をサーモラボII<SUP>9)</SUP>を用いて …

    JOURNAL of the JAPAN RESEARCH ASSOCIATION for TEXTILE END-USES 27(11), 495-502, 1986

    J-STAGE  Cited by (1)

  • Dimensional change of baby's underwear by home laundering.  [in Japanese]

    Morooka Harumi , Niwa Masako

    乳児用肌着の繰り返し洗たく100回までの収縮挙動を調べ, それに影響を及ぼす諸因子の検討を行なった.さらに, 着用, 洗たくを繰り返したシャツと試験片の収縮率との関係を捉えた.<BR>1.洗たく回数<I>N</I>の平方根と収縮<I>S</I>との間に直線関係 (<I>S=a√N+b</I>) が認められた.< …

    JOURNAL of the JAPAN RESEARCH ASSOCIATION for TEXTILE END-USES 26(6), 245-252, 1985

    J-STAGE 

  • A consideration on baby's cover-all design from the view point of an adaptability to the body movement. Part 1: Problems of commercial cover-all and their countermeasures.:Part 1: Problems of Commercial Cover-All and Their Countermeasures  [in Japanese]

    Morooka Harumi , Sukigara Sachiko , Niwa Masako

    乳児用市販カバーオールの素材, 衣服型, サイズについて, 動作時の身体適合性の観点から問題点を考察し, 改善の方向を示唆することを目的として, 動作時の衣服の伸びと同時に, 同様の動作項目における皮膚伸びの測定, 乳児の成長率, 体型変化を計測した.結果を次に示す.<BR>1) 衣服の各部位において水平方向に比べ垂直方向に大きな伸びを呈すること, 長径項目に大きい成長率がみられること …

    JOURNAL of the JAPAN RESEARCH ASSOCIATION for TEXTILE END-USES 25(10), 493-501, 1984

    J-STAGE 

  • A consideration on the design of baby's cover-all from the view point of adaptability to body movement (2); Wearing performance of trial cover-alls and its performance change by home laundry.:Part 2: Wearing Performance of Trial Cover-alls and Its Performance Change by Home Laundry  [in Japanese]

    Morooka Harumi , Niwa Masako

    前報で指摘された市販乳児用カバーオールの問題点を改良した4種のカバーオールを試作し, その着用性能および洗たくによる性能変化を検討した.試作カバーオール1型では編布方向を従来とは逆に使用, II型では膝部と棺部を改良, III型は編布方向を1型と同様とし, 膝部, 福部を改良, IV型は編布方向, 膝, 肘, 棺部を改良している.結果を次に示す.<BR>1) ポリエステル交編布は伸び抵 …

    JOURNAL of the JAPAN RESEARCH ASSOCIATION for TEXTILE END-USES 25(12), 635-641, 1984

    J-STAGE 

  • Sun-Ray Test法による被服材料のしわ回復性と基本力学特性との関係 (第2報):―しわ回復挙動をあらわすパラメータについて―  [in Japanese]

    諸岡 晴美 , 丹羽 雅子 , 菊池 美子 , 古里 孝吉

    しわの回復速度およびしわ回復挙動を総合的に評価し, これに関与する基本力学特性を明らかにするために, 紳士用スーツ地86種を試料として第1報と同様の実験を行なった.<BR>しわの回復挙動をあらわすパラメータとして, しわ回復度の増加分を時間で積分したしわ回復量を求め, 瞬間しわ回復をも考慮した総合しわ回復量についても, 同様の方法を採用した.<BR>多変量残差回帰方式を用い …

    JOURNAL of the JAPAN RESEARCH ASSOCIATION for TEXTILE END-USES 18(1), 27-31, 1977

    J-STAGE 

Page Top