久新 健一郎 Kyushin Kenichiro

ID:9000254378252

北海道大学水産学部漁業学科 Department of Fishing Science, Faculty of Fisheries, Hokkaido University (1970年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • Embryonic Development and Larvae of <I>Gymnocanthus herzensteini</I> Jordan and Starks

    Kyushin Kenichiro

    1968年1.月20日, 北海道噴火湾口鹿部村沿岸で漁獲された本種成熟魚を用い, 湿導法により人工受精を行ない, 卵および孵化仔魚を水温5.5°~6.8℃の静水海水中で飼育した.卵は球形沈性粘着卵で, 卵径は1.64~1.73mm, 大型油球1個をもち, 油球側に頼粒物質群がある.卵黄は淡橙色である.胚発生は一般の硬骨魚卵のそれと大差ない.受精後42日目から孵化を開始した.孵化直後の仔魚は体長5. …

    Japanese Journal of Ichthyology 17(2), 74-79, 1970

    J-STAGE 

Page Top