小泉 義夫 KOIZUMI Yoshio

ID:9000254415678

御木本製薬株式会社研究開発部 Development Department, Mikimoto Pharmaceutical Co., Ltd. (1984年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • Sump Method  [in Japanese]

    KOIZUMI Yoshio , NAKAI Maruyo , KAWAI Kyozo , IKEDA Kiyoshi , HAMADA Toshiaki , MIZUTANI Hiroshi

    化粧品原料の皮膚一次刺激性試験として, 河合法による試験を行なった。試験資料は多価アルコールとしてプロピレングリーコール, 1, 3一ブチレングリコール, グリセリンの各10%, 30%, 100%濃度のもの, 炭化水素として流動パラフィン, スクワラン, プリスタンを用いた。本試験は, 同一のプロトコールにより3施設において実施した。<BR>結果は, 1) 多価アルコ一ルの刺激性は, …

    Skin research 26(5), 1131-1137, 1984

    J-STAGE 

Page Top