小泉 義夫 KOIZUMI Yoshio

ID:9000254415718

御木本製薬株式会社研究開発部 Laboratories, Mikimoto pharmaceutical Co., Ltd. (1984年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • Cultured Cell Toxicity Test  [in Japanese]

    NAKANO Eiji , TSUTSUMI Masako , KOIZUMI Yoshio , HOUNOKI Susumu , NAGURA Toshiaki , IGARASHI Atsuko

    グリセリン, プロピレングリコール, 1, 3-ブチレングリコールの細胞障害性をヒト皮膚由来培養細胞株JTC-17を用いて3施設で試験した。その結果, 細胞障害性の順位は1, 3-ブチレングリコール>プロピレングリコール>>グリセリンであった。<BR>細胞障害性の要因の1つに浸透圧が考えられるため, 試験液の浸透圧測定を行ったが, その結果からは浸透圧の大きさが多価ア …

    Skin research 26(5), 1060-1064, 1984

    J-STAGE 

Page Top