水谷 啓司 MIZUTANI Keishi

ID:9000254431099

家畜改良事業団盛岡種雄牛センター (2007年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • Surgical Treatment of a Penile Albugineous Laceration of Bulls by Pudendal Nerve Anesthesia

    KUBOTA Chikara , YAMAKUCHI Hiroshi , TODOROKI Junichi , MIZOSHITA Kazunori , TABARA Norio , MIZUTANI Keishi

    種雄牛から人工腟法で精液を採取する際に陰茎損傷が発生することがあり, 治癒期間の長期化など経済的な影響が大きい. 陰茎損傷は, 陰部神経伝達麻酔下で包皮腔から陰茎を露出させて陰茎を目視的に観察することにより診断できた. 精液採取時に陰茎損傷を受けた7頭の黒毛和種種雄牛において, 出血と結合織の増殖を伴う陰茎包皮蓋の白膜に裂傷が認められた. 結合織を除去し, 辺縁を切除して創口を吸収糸による単結節縫 …

    Journal of the Japan Veterinary Medical Association 60(8), 573-578, 2007

    J-STAGE 

Page Top