森谷 卓也 MORIYA Takuya

ID:9000254642365

川崎医科大学病理学教室 Department of Pathology, Kawasaki Medical School (1993年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • Thyroid papillary carcinoma associated with ossification. A feature of aspiration cytology.:A feature of aspiration cytology  [in Japanese]

    HIROKAWA Mitsuyoshi , NISHIMURA Hiroe , IREI Isao , MIKAMI Yoshiki , MONOBE Yasumasa , MORIYA Takuya , SHIMIZU Michio , FUKUYA Takashi , SUGIHARA Keiko

    骨形成を伴う甲状腺乳頭癌16例の穿刺吸引細胞診像を検討した. 正診率は47%で, 乳頭癌全体の正診率と比べかなり低かった. 骨化量が多い症例ほど腫瘍細胞の吸引が困難であったことより, 硬い腫瘤の穿刺吸引においては, たとえ陰性であっても良性と決めつけない方がよいと思われた. 全例において, 塗抹標本内には骨組織は認められなかった. 3例においては, 大小不同や泡沫状の胞体を有する脂肪細胞がみられ, …

    The Journal of the Japanese Society of Clinical Cytology 32(4), 507-510, 1993

    J-STAGE 

Page Top