金子 千之 KANEKO Chiyuki

ID:9000254644485

藤田保健衛生大学医学部病態細胞 Division of Pathological Cytology, Fujita Health University School of Medicine (1998年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • A comparative study of Y chromosome, estrogen and progesterone in male breast cancer and gynecomastia.  [in Japanese]

    KANEKO Chiyuki , SHAMOTO Mikihiro , FUNAHASHI Masanori , KATO Kazuo , NOMURA Nanao

    今回, われわれは男性乳癌7例を経験し, Yクロマチンの有無細胞学的および免疫学的特性, さらに乳癌の予後推定や術後の内分泌治療の指標として用いられているホルモンレセプターについて検討した.Yクロマチンの存在については女性化乳房症と診断された15例, ホルモンレセプターの測定が可能であった31例について比較検討を試みた.<BR>RIA法におけるERおよびPGRの陽性率では男性乳癌が女性 …

    The Journal of the Japanese Society of Clinical Cytology 37(1), 21-26, 1998

    J-STAGE 

Page Top