大場 治男

ID:9000254914305

長野県蚕業試験場 (1956年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • Study on the non-cocooning larvae of<I>Bombyx mori</I>in relation to rearing conditions

    HARIZUKA Masaki , 松村 季美 , 大場 治男 , 斎藤 忠一 , 西村 浩 , 今井 修三 , 中村 鶴松 , 栗栖 弌彦 , 宮川 千三郎

    1) 主として各齢期飼育温度と壮蚕用桑の質を考慮しつつ不結繭蚕の発現と飼育法との関係を研究した.<BR>2) 不結繭蚕は主として膿病と軟化病によるものであるが比較的長期間幼虫体で生存するものは軽症の膿病蚕, 絹糸腺異常蚕, 中腸型多角体病蚕であつて, 稀に饗蛆やその他原因不明のものがある.<BR>3) 長期生存不結繭蚕の発現は品種によつて甚だしい差違があり, さらにこれを助 …

    The Journal of Sericultural Science of Japan 25(2), 95-102, 1956

    J-STAGE 

Page Top