長澤 寛道 NAGASAWA HIROMICHI

ID:9000254921794

東京大学農学部 Faculty of Agriculture, The University of Tokyo (1991年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • Cyclic - GMP levels in abdominal ganglia of the silkmoth, Bombyxmori at the time of eclosion.  [in Japanese]

    KOBAYASHI KAZUO , HIGUCHI KOICHI , KURIOKA AKIRA , KONO TAKAHARU , FUGO HAJIME , NAGASAWA HIROMICHI , SUZUKI AKINORI

    カイコガ羽化ホルモンの作用発現時において, 環状ヌクレオチドが関与しているか否かについて検討し, 以下の結果を得た。カイコガ潜成虫に, 種々の濃度のcAMP及びcGMPを投与して羽化誘導効果を調べた結果, cGMPはcAMPの約10倍の効果があることが認められた。点灯刺激により羽化する個体から, 経時的に腹部神経球を摘出して, cAMP量及びcGMP量をそれぞれ測定した。cAMP量は点灯後から羽化 …

    The Journal of Sericultural Science of Japan 60(4), 257-262, 1991

    J-STAGE 

Page Top