加地 篤 KAJI Atsushi

ID:9000254933236

東洋紡績 (株) 総合研究所|大阪大学工学部応用精密化学科 Toyobo Research Institute|Department of Applied Fine Chemistry, Faculty of Engineering, Osaka University (1992年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • Studies on Polyester Elastomer I. Polymerization Behavior of .EPSILON.-Caprolactone for the Formation of Polyester-Polyester Block Polymer.  [in Japanese]

    KOBAYASHI Takuma , KAJI Atsushi , KITAGAWA Hironobu , TAKEMOTO Kiichi

    ポリ (1, 4-ブチレンテレフタレート) (以下PBTと略す) にε-カプロラクトン (以下ε-CLと略す) を開環付加重合する挙動について調べ, 以下の知見を得た. PBTとε-CLの付加反応はPBT末端カルポキンル基を開始剤として進み, 反応速度はイオン成長反応速度式に従い, 平衡モノマー濃度よりこの反応は著しく正反応サイドへ進み, 反応温度235℃では反応時間120~150分でほぼ平衡に達 …

    KOBUNSHI RONBUNSHU 49(7), 561-568, 1992

    J-STAGE 

Page Top