小口 喜三夫 Oguchi Kimio

ID:9000255729098

信州大学医学部第三内科 Medicin Shinshu University School of Medicine (1985年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • Effects of high-dosage trihexyphenidyl on symptomatic dystonia in a case of Wilson disease.  [in Japanese]

    Hirabayashi Shinichi , Kanda Hitoshi , Tsuno Takahisa , Akabane Taro , Oguchi Kimio , Yanagisawa Nobuo

    Wilson病の経過中, 上気道感染を契機に多彩な神経症状が急激に出現した16歳男子例を経験し, その主要症状であるジストニアと構音障害 (構音不能) に対しtrihexyphenidyl大量療法を試みた. ジストニアは軽減し, 歩行および書字も可能となったが, 構音不能の改善はみられなかった. 不機嫌, 気分の易変性等を経過中に認めた. また, ジストニアは午前中の方が午後より強い傾向を示したが …

    NO TO HATATSU 17(6), 571-576, 1985

    J-STAGE 

Page Top