HILDEBRANDT A. C.

ID:9000255759116

Department of Plant Pathology, University of Wisconsin (1967年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • Growth and Chlorophyll Formation in Edible Green Plant Callus Tissues in Vitro on Media with Limited Sugar Supplements

    FUKAMI T. , HILDEBRANDT A. C.

    ニンジンの根, キクヂシヤの胚芽, レタスの葉柄, レタスの茎, パセリの葉柄及びホウレンソウの葉柄から由来した6つのカルス組織を用いてその生育と葉緑素生成に関する培地栄養成分の影響を研究した. 修正ホワイト培地 (タバコ高塩濃度培地) を基礎培地として用いた. 一般的に言ってこの培地ではこれら組織に対して充分な生長あるいは充分な葉緑素形成は行なわれなかったが, 糖の代りにココナツミルクをこの培地 …

    Shokubutsugaku Zasshi 80(947), 199-212, 1967

    J-STAGE 

Page Top