砂田 圭二郎 SUNADA Keijiro

ID:9000255803647

自治医科大学内科学講座消化器内科学部門 Department of Internal Medicine, Division of Gastroenterology, Jichi Medical School (2006年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • CURRENT STATUS OF THE DOUBLE-BALLOON ENDOSCOPY FOR THE SMALL INTESTINE  [in Japanese]

    KITA Hiroto , YAMAMOTO Hironori , YANO Tomonori , IWAMOTO Michiko , MIYATA Tomohiko , SUNADA Keijiro , SUGANO Kentaro

    ダブルバルーン内視鏡の到来により,小腸疾患に対する戦略は大きく変化しつつある.ダブルバルーン内視鏡は全小腸の観察を実現し,小腸疾患の内視鏡治療も可能とした.ダブルバルーン内視鏡は経口的にも経肛門的にも挿入できる.内視鏡をコントロールしながら病変部を観察できるので,生検,内視鏡的止血術,内視鏡的拡張術,ステント留置,ポリペクトミー,EMR等ができるようになった.ダブルバルーン内視鏡はカプセル内視鏡と …

    GASTROENTEROLOGICAL ENDOSCOPY 48(3), 348-355, 2006

    J-STAGE 

Page Top