三浦 弘規 Miura Kouki

ID:9000255810978

がん研有明病院頭頸科 Division of Head and Neck, Cancer Institute Ariake Hospital (2014年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-20 of 20

  • Subsequent cervical lymph node metastasis and prognosis in stage I-II squamous cell carcinoma with muscular invasion of the oral tongue: an analysis of 210 cases  [in Japanese]

    Kimura Yukinori , Seto Akira , Koizumi Yu , Sano Tsukasa , Yanagisawa Akio , Yamamoto Noriko , Kawabata Kazuyoshi , Mitani Hiroki , Yonekawa Hiroyuki , Fukushima Hirofumi , Sasaki Tohru , Shinbashi Wataru

    本研究は後発転移と予後の予知因子として筋層浸潤の深さと角化を評価するのを目的とした。1987~2009年に癌研病院頭頸科で舌部切単独治療を受けたStage I・II舌扁平上皮癌の210例を解析した。筋層浸潤の深さは5mm以上,5mm未満とした。筋層浸潤最深部に注目し角化を癌真珠が顕著な癌真珠形成型62例,癌真珠は顕著でないが高度~中等度の角化がある不全角化型98例,角化が弱い~なしの非角化型50例 …

    Toukeibu Gan 40(3), 338-343, 2014

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Management and outcome of submandibular gland carcinoma: a retrospective study of cases at a single institute  [in Japanese]

    Sasaki Toru , Ebina Aya , Adachi Mitsutaka , Fukuoka Osamu , Shimura Eiji , Hidaka Ryuta , Shirao Kotaro , Yamada Nansei , Uesato Jin , Ota Hisayuki , Hasegawa On , Kawabata Kazuyoshi , Hama Takanori , Sato Yukiko , Yamamoto Noriko , Tkahashi Syunji , Mitani Hiroki , Yonekawa Hiroyuki , Fukushima Hirobumi , Shinbashi Wataru , Seto Akira , Koizumi Yu , Kamiyama Ryosuke

    背景:顎下腺癌は比較的まれな疾患であり,まとまった報告は少ない。本研究では過去32年間に当院で抗癌治療を行った顎下腺癌症例76例について後方視的解析を行い検討した。<br>方法:1979年から2012年に当院で抗癌治療を行った顎下腺癌症例76例を対象とした。1次治療例(58例)の累積生存率を病理組織型,臨床病期,Tstage,Nstage,術前の悪性診断の可否に関して検討した。また,当 …

    Toukeibu Gan 39(3), 281-286, 2013

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Unresectable Cancer in the Broncho-esophageal Region  [in Japanese]

    Kawabata Kazuyoshi , Mitani Hiroki , Yonekawa Hiroyuki , Fukushima Hirofumi , Sasaki Toru , Shimbashi Wataru , Tanaka Hiroko

    気管食道科領域において切除不能と考えられる状況は,頭頸部癌についてみると,1)頸動脈,腕頭動脈などの血管浸潤,2)気管浸潤,3)深頸部浸潤の状態がポイントとなる。動脈壁浸潤については,CT,MRIなどの画像で一般に腫瘍と動脈壁の最大接触角度が270度を超えると切除不能とされ,180度以下であれば切除可能とされるが,実際には,360度腫瘍に取り囲まれているものでも動脈壁に浸潤が見られないものもあるた …

    Nihon Kikan Shokudoka Gakkai Kaiho 64(5), 313-319, 2013

    J-STAGE 

  • Malignant mucosal melanoma of the head and neck: Results of surgical treatment of 40 cases  [in Japanese]

    Saito Yuki , Ueki Yushi , Kamiyama Ryosuke , Kawabata Takayuki , Ebina Aya , Adachi Mitsutaka , Ogura Mariko , Kawabata Kazuyoshi , Mitani Hiroki , Yonekawa Hiroyuki , Fukushima Hirofumi , Sasaki Tohru , Shinbashi Wataru , Seto Akira , Kitano Mutsukazu , Koizumi Yuu

    1980年1月から2010年12月までの30年間にがん研病院頭頸科で一次治療として手術を行った頭頸部原発粘膜悪性黒色腫40例の治療成績を検討した。男女比1:1,年齢は24~79歳(中央値62歳),観察期間は5~174ヶ月(中央値23ヶ月)であった。原発臓器は鼻副鼻腔:28例,口腔:9例,咽頭:3例。TNM分類(AJCC/UICC第7版)ではT3:8例,T4a:23例,T4b:9例でN0:36例,N …

    Toukeibu Gan 38(1), 74-79, 2012

    J-STAGE 

  • Clinical study of en bloc resection for squamous cell carcinoma of maxillary sinus  [in Japanese]

    Mitani Hiroki , Kamiyama Ryosuke , Kawabata Takayuki , Ebina Aya , Adachi Mitsutaka , Ogura Mariko , Kawabata Kazuyoshi , Yonekawa Hiroyuki , Fukushima Hirofumi , Sasaki Tohru , Shimbashi Wataru , Seto Akira , Kitano Mutsukazu , Koizumi Yuu

    当科における上顎癌の治療は1960年代後半から佐藤ら<sup>1)</sup>の三者併用療法をmodifiedした治療法を行い,その成績は1970年から1980年までの症例で5年粗生存率41.8%が得られていた<sup>2)</sup>。その後,さらなる成績向上を目指しCT,MRIによる画像診断を取り入れ,術前放射線療法の効果に応じた一塊切除を行なう …

    Toukeibu Gan 37(3), 349-354, 2011

    J-STAGE 

  • 局所治療後に気管切開管理を行った表在性下咽頭癌の1例  [in Japanese]

    石山 晃世志 , 土田 知宏 , 五十嵐 正広 , 佐々木 徹 , 川端 一嘉

    JIBI INKOKA TEMBO 52(4), 251, 2009

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • 一塊切除の立場から  [in Japanese]

    佐々木 徹 , 川端 一嘉 , 三谷 浩樹 , 米川 博之 , 別府 武 , 福島 啓文 , 新橋 渉

    Nihon Bika Gakkai Kaishi (Japanese Journal of Rhinology) 48(1), 70-72, 2009

    J-STAGE 

  • Results of reconstructive surgery for wide defects of base of tongue  [in Japanese]

    Yoshimoto Seiichi , Kawabata Kazuyoshi , Mitani Hiroki , Yonekawa Hiroyuki , Beppu Takeshi , Fukushima Hirofumi , Sasaki Tohru , Shimbashi Wataru , Takahashi Kouji

    (目的)舌根の広範囲切除症例において,術後嚥下機能を評価することで最適な再建手術方法を検討する。<BR>(方法)癌研有明病院頭頸科で2007年1月から12月までに手術を行った口腔中咽頭癌症例のうち,舌根を半分以上切除しかつ喉頭を保存した症例5例を対象とした。再建については,まず残存舌根の能動的な動きを確認し,下端の粘膜を寄せて狭い咽頭腔を作成した後,ボリュームのある皮弁を咽頭腔に突出す …

    Toukeibu Gan 34(3), 419-423, 2008

    J-STAGE 

  • Diagnostic imaging of the parotid gland tumors: Characteristic MR findings  [in Japanese]

    Tanaka Hiroko , Beppu Takeshi , Sasaki Tohru , Fukushima Hirofumi , Yonekawa Hiroyuki , Mitani Hiroki , Kawabata Kazuyoshi , Kohno Atsushi

    耳下腺腫瘍のMRIにおける鑑別診断法について,2005年3月から2008年4月まで癌研究会有明病院頭頸科で組織診断が確定した97腫瘤を対象として,良性腫瘍を多形腺腫とワルチン腫瘍,その他良性腫瘤の3つ,悪性腫瘍を癌と悪性リンパ腫の2つの合計5つの腫瘍型に分けて検討した。<BR>良・悪性の鑑別診断には腫瘤の形態と被膜構造の有無が重要である。良性腫瘍は類円形あるいは分葉状形態で,全周性被膜 …

    Toukeibu Gan 34(3), 365-371, 2008

    J-STAGE 

  • Prognosis of neck dissection for subsequent cervical lymph node metastasis from stage I/II squamous cell carcinoma of the oral tongue: analysis of histologic features of patients requiring adjuvant therapy:analysis of histologic features of patients requiring adjuvant therapy  [in Japanese]

    Kimura Yukinori , Sasaki Tohru , Okano Tomohiro , Yanagisawa Akio , Yamamoto Noriko , Kawabata Kazuyoshi , Mitani Hiroki , Yoshimoto Seiichi , Yonekawa Hiroyuki , Beppu Takeshi , Fukushima Hirofumi

    stage I,II舌扁平上皮癌筋層浸潤像と頸部リンパ節後発転移に対する頸部郭清の予後との関連を研究した。1987~2003年に癌研頭頸科にて舌部切単独で初回治療後,頸部リンパ節後発転移にて頸部郭清した59例をレビューした。予後を分析し,筋層浸潤の深さ,および癌真珠を顕著(Cancer Pearl type:CP型,18例)と顕著でない(Dyskeratotic type:DK型,41例)に分け評 …

    Toukeibu Gan 33(4), 444-448, 2007

    J-STAGE  Cited by (1)

  • Reconstruction for head and neck cancer using rectus abdominis myocutaneous flap  [in Japanese]

    Yoshimoto Seiichi , Sakai Akihiro , Tsukahara Kiyoaki , Yoshida Masafumi , Kawabata Kazuyoshi , Sawaizumi Masayuki , Mitani Hiroki , Yonekawa Hiroyuki , Beppu Takeshi , Fukushima Hirofumi , Sasaki Tohru , Shinbashi Wataru

    Perforator flapが頭頸部癌再建に導入されて久しいが,当科では当初予想された程には適応が拡大していない。これは症例によっては腹直筋皮弁などのConventional flapの優位性が明らかなためと思われる。今回腹直筋皮弁による頭頸部癌再建症例603例の術後創部合併症をretrospectiveに検討した。皮弁の採取成功率は99.3%,術後創部合併症率は25.0%で,血栓が生じた症例の …

    Toukeibu Gan 33(3), 271-275, 2007

    J-STAGE 

  • Results of skull base surgery in malignant tumors of the nose and paranasal sinus  [in Japanese]

    Mitan Hiroki , Kawabata Kazuyoshi , Yoshimoto Seiichi , Yonekawa Hiroyuki , Beppu Takeshi , Fukushima Hirofumi , Sasakil Tohru , Kamata Shin-etsu

    1984年から2004年までに頭蓋底切除・再建を施した鼻・副鼻腔悪性腫瘍85症例を対象に合併症頻度と治療成績を検討した。頭蓋底手術に関連する合併症の内訳は髄膜炎10例(12%),脳梗塞・脳挫傷6例(7%),頭蓋内血腫3例(4%),腐骨1例(1%),全身合併症1例(1%)で,合併症例率は25%,手術合併症死亡率は7%であった。とくに脳梗塞・脳挫傷・頭蓋内血腫は前頭蓋底単独切除3%,中頭蓋底切除群17 …

    JOURNAL OF JAPAN SOCIETY FOR HEAD AND NECK SURGERY 17(1), 57-62, 2007

    J-STAGE 

  • A case of an advanced hypopharyngeal cancer with partial hypopharyngectomy for la-ryngeal preservation

    Beppu Takeshi , Tsukahara Kiyoaki , Orita Yorihisa , Yoshida Masafumi , Kawabata Kazuyoshi , Mitani Hiroki , Yoshimoto Seiichi , Yonekawa Hiroyuki , Fukushima Hirofumi , Sasaki Tohru , Shinbashi Wataru , Sakai Akihiro

    近年,下咽頭癌においても早期がんの一部には喉頭を温存した部分切除術が選択される機会が多くなったが,進行癌においては未だ咽頭喉頭頸部食道摘出術(以下,喉喉食摘術)が主流である。今回我々はT3N0梨状陥凹癌に対して喉頭温存下咽頭部分切除術を施行し良好な結果を得た。切除範囲は喉頭蓋,仮声帯,披裂喉頭蓋ヒダ,および梨状陥凹のほとんどに及ぶ大きなものであったが,bulkyな腹直筋皮弁を声門上腔に覆い被さるよ …

    JOURNAL OF JAPAN SOCIETY FOR HEAD AND NECK SURGERY 16(3), 201-205, 2006

    J-STAGE 

  • CLINICAL EVALUATION OF THE RESULT OF TREATMENT FOR SUBMANDIBULAR AND SUBLINGUAL GLAND CARCINOMA  [in Japanese]

    BEPPU Takeshi , MATSUYAMA Hiroshi , SHOJI Hirobumi , TANAKA Shiro , TSUKAHARA Kiyoaki , YAMAMOTO Noriko , KAWABATA Kazuyoshi , MITANI Hiroki , YOSHIMOTO Seiichi , YONEKAWA Hiroyuki , FUKUSHIMA Hirofumi , SASAKI Tohru , SHINBASHI Wataru , Akihiro SAKAI Akihiro SAKAI

    1979年11月から2000年2月までに当科で根治手術を施行した原発性顎下腺癌,舌下腺癌新鮮例33例を対象として治療成績ならびに臨床像について検討した。33例の内訳は腺様嚢胞癌16例,腺癌7例,粘表皮癌6例,その他4例であった。TNM分類,病期分類ではT1:2例,T2:14例,T3:15例,T4:2例,N0:25例,N(+):8例,I期:13例,II期:11例,III期:1例,IV期:8例であった …

    Toukeibu Gan 31(4), 553-559, 2005

    J-STAGE 

  • MODIFIED RADICAL NECK DISSECTION FOR POSITIVE LYMPH NODE CASES WITH TONGUE CANCER OR HYPOPHARYNGEAL CANCER  [in Japanese]

    YOSHIMOTO Seiichi , TADA Yuichiro , EBIHARA Yasuhiro , KONDOU Atsushi , SHINBASHI Wataru , KAMATA Shin-etsu , KAWABATA Kazuyoshi , MITANI Hiroki , YONEKAWA Hiroyuki , MIURA Kouki , BEPPU Takeshi , FUKUSHIMA Hirofumi , SASAKI Tohru

    近年の頸部郭清の術式はより機能温存的な方向に向かっている。N0症例には様々なSNDが考案され普及したが,N+症例にも周囲組織の保存や郭清野の縮小が可能か否か検討した。1985年から2000年までの舌癌でリンパ節転移陽性の頸部137側と,1995年から2001年までの下咽頭癌でリンパ節転移陽性の頸部83側を対象としたところ,舌癌ではRNDの頸部制御率が80%に対しmRNDは91%,下咽頭癌ではRND …

    Toukeibu Gan 31(3), 376-381, 2005

    J-STAGE 

  • PRIMARY CONTROL OF UPPER GINGIVA AND HARD PALATE SQUAMOUS CELL CARCINOMA: A CLINICAL EVALUATION  [in Japanese]

    BEPPU Takeshi , EBIHARA Yasuhiro , KONDO Atsushi , SHINBASHI Wataru , KAMATA Shin-etsu , MITANI Hiroki , KAWABATA Kazuyoshi , YOSHIMOTO Seiichi , YONEKAWA Hiroyuki , MIURA Kohki , FUKUSHIMA Hirofumi , SASAKI Tohru , TADA Yuichiro

    1985年から1999年までに当科で根治治療を行った上歯肉,硬口蓋原発扁平上皮癌51例を対象として原発巣制御の治療成績を検討した。この時期における全体の原発巣制御率は70.6%であったが,治療法別では,手術のみ73.3%,根治照射71.4%,術前照射+手術68%,T分類別ではT1:85.7%,T2:60%,T3:77.8%,T4:80%,術式別では上顎部切69.2%,上顎全摘80%であった。腫瘍の …

    Toukeibu Gan 31(1), 22-27, 2005

    J-STAGE 

  • 下咽頭癌の治療戦略  下咽頭癌の5年生存率,死因(予後因子)とその対策  [in Japanese]

    川端 一嘉 , 多田 雄一郎 , 蝦原 康宏 , 鎌田 信悦 , 三谷 浩樹 , 吉本 世一 , 米川 博之 , 三浦 弘規 , 別府 武 , 福島 啓文 , 佐々木 徹

    Nihon Kikan Shokudoka Gakkai Kaiho 56(2), 85, 2005

    J-STAGE 

  • OUTCOMES OF CAROTID ARTERY RESECTION  [in Japanese]

    YONEKAWA Hiroyuki , SASAKI Tohru , TADA Yuichirou , EBIHARA Yasuhiro , KONDO Atsushi , SHINBASHI Wataru , KAWABATA Kazuyoshi , KAMATA Shin-etsu , BEPPU Takeshi , MIURA Kouki , YOSHIMOTO Seiichi , MITANI Hiroki , SUGITANI Iwao , FUKUSHIMA Hirofumi

    頸動脈を含む周囲軟部組織に浸潤する頭頸部悪性腫瘍に対し, 局所制御の機会を得るため, 頸動脈を含む拡大合併切除が試みられてきた。当科で29年間に実施した血行再建, 非再建例を含む頸動脈切除症例を対象として, 頸動脈切除の合併症および頸動脈切除を含む頭頸部癌摘除術の術後成績について, 回顧的研究を行った。1984年以前は, 頸動脈切除例は全例結紮を行っていた。1996年以降は, 可及的に頸動脈の血行 …

    Toukeibu Gan 30(4), 589-593, 2004

    J-STAGE 

  • Elective Neck Dissection for tongue, laryngeal, and hypopharyngeal cancer

    Yoshimoto Seiichi , Sasaki Tohru , Tada Yuichiro , Ebihara Yasuhiro , Mitani Hiroki , Yonekawa Hiroyuki , Kamata Shinetsu , Kawabata Kazuyoshi , Nigauri Tomohiko , Miura Kouki , Beppu Takeshi , Fukushima Hirofumi

    1997年1月から2001年12月までに当科を初診した舌・喉頭・下咽頭癌全例にCT・MRI・エコー下吸引細胞診による頸部リンパ節転移の検索を行った。その結果NOと判断されたもののうち,予防的郭清で頸部転移を認めたものと経過観察中に後発転移を生じたものとを併せたリンパ節転移の比率は,T1/2舌癌が27%,T3/4舌癌が36%,進行舌癌健側が8%,T3/4喉頭癌28%,T3/4下咽頭癌47%,進行下咽 …

    JOURNAL OF JAPAN SOCIETY FOR HEAD AND NECK SURGERY 14(1), 73-79, 2004

    J-STAGE 

Page Top