鶴田 禎二 TSURUTA Teiji

ID:9000255823388

東京理科大学工学部工業化学科 Department of Industrial Chemistry, Faculty of Engineering, Science University of Tokyo (1988年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-20 of 20

  • Morphological analysis of platelets adhering to polymer surfaces with functional groups: A scanning and transmission electron-microscopic study.:A scanning and transmission electron-microscopic study  [in Japanese]

    ABE Kazuhiko , SEKIGUCHI Morie , KATAOKA Kazunori , OKANO Teruo , SAKURAI Yasuhisa , TSURUTA Teiji , MARUYAMA Atsushi

    Progress in implantable artificial organs such as the artificial heart, artificial vessele and the artificial kidney depends greatly on the development of excellent antithrombogenic materials because …

    Blood & Vessel 19(1), 34-42, 1988

    J-STAGE 

  • Copolymerization of Butadiene with Styreneby n-Butyllithium-Polyether Catalysts  [in Japanese]

    NARITA Tadashi , IMAI Nobuyoshi , TSURUTA Teiji

    n-ブチルリチウムの反応性に及ぼすポリエーテル(ポリエチレンオキシド,ポリプロピレンオキシド)の効果をスチレ-ンブタジエン共重合反応を用いて検討した。炭化水素溶媒中n-ブチルリチウムを触媒として得られるスチレン-ブタジエン共重合体はブロック性が高いが,n-ブチルリチウム-ポリエーテル系を触媒として用いると,エーテル酸素対n-ブチルリチウム比([-O-]/[Li])が1.5~2.0の場合,仕込み時の …

    The Journal of the Society of Chemical Industry, Japan 72(4), 994-998, 1969

    J-STAGE 

  • Mode of the Reaction of <I>n</I>-Butylmagnesium Bromide with Ketones  [in Japanese]

    YASUDA Yoshiro , KAWABATA Nariyoshi , TSURUTA Teiji

    臭化<I>n</I>-ブチルマグネシウムとケトンとの反応において,試薬の添加法によって生成物の異なることがわかった。すなわち,アセトンのジエチルエーテル溶液に臭化<I>n</I>-ブチルマグネシウムのエーテル溶液を加えると,<I>n</I>-ブタン(I)と<I>n</I>-ブチルジメチルカルビノール(I …

    The Journal of the Society of Chemical Industry, Japan 69(5), 936-938, 1966

    J-STAGE 

  • The Michael Type Addition Reaction of Laurylmercaptan to Methyl αa-Alkylacrylates  [in Japanese]

    FUJIO Ryota , TSURUTA Teiji

    ラウリルメルカプタンとα - アルキルアクリル酸メチルのマイケル型付加反応に関し速度論的な検討を行なった結果, メタクリル酸メチルを基準とする各誘導体の活性化エントロピー差ΔΔ<I>S</I> 〓, 活性化エンタルピー差ΔΔ<I>H</I> 〓がTaft の立体置換基定数<I>Es</I>および極性置換定数σ*とそれぞれおおよ …

    The Journal of the Society of Chemical Industry, Japan 69(5), 924-928, 1966

    J-STAGE 

  • The Diels-Alder Reaction of Anthracene with Methyl α-Alkylacrylates  [in Japanese]

    YAMAMOTO Noboru , TSURUTA Teiji

    10 種類のα-アルキル置換アクリル酸メチルとアントラセンとのDiels - Alder 反応を200℃ , 過剰のジエノフィルの存在下で行ない, 8 種類の新しいジエン付加化合物( 9,10-dihydro -11- alkyl -11- carbomethoxy- 9,10 - ethanoanthrac ene) を得た。また,エチルベンゼン中で, 温度をかえて反応速度の測定を行なった。ラウ …

    The Journal of the Society of Chemical Industry, Japan 69(5), 928-932, 1966

    J-STAGE 

  • Copolymerization of <I>N</I>-Carboxy-α-Amino Acid Anhydride with Propylene Oxide and β-Propiolactone  [in Japanese]

    MATSUURA Kazuo , INOUE Shohei , TSURUTA Teiji

    さまざまの触媒系を用いてα-アミノ酸-<I>N</I>-カルボン酸無水物(NCA) とプロピレンオキシドの共重合を行なったところ, ジエチル亜鉛,トリエチルアルミニウム系触媒でテトラヒドロフラン可溶の共重合体が得られた。共重合体はエーテル結合,アミド結合,エステル結合などを含むことが判明した。同様にしてNCAとβ-プロピオラクトンとの共重合も試みた。次に,トリエチルアルミニ …

    The Journal of the Society of Chemical Industry, Japan 69(4), 703-706, 1966

    J-STAGE 

  • Organometallic-catalyzed Copolymerization of Cyclic Anhydride with Alkylene Oxide  [in Japanese]

    MATSUURA Kazuo , INOUE Shohei , TERADA Yashiro , TSURUTA Teiji

    さまざまの有機金属触媒を用いて環状酸無水物とアルキレンオキシドの共重合の可能性を検討した。単独では重合しない環状酸無水物が有機金属触媒によりアルキレンオキシドとほぼ1:1に近い交互共重合体をつくることがわかった。不斉炭素原子をもつ酸無水物として3-フェニル-Δ<SUP>4</SUP>-テトラヒドロ無水フタル酸とプロピレンオキシドの共重合において不斉触媒を用いることにより光学 …

    The Journal of the Society of Chemical Industry, Japan 69(4), 707-711, 1966

    J-STAGE 

  • Copolymerization of <I>N</I>-Carboxy-D and L-Alanine Anhydride  [in Japanese]

    MATSUURA Kazuo , INOUE Shohei , TSURUTA Teiji

    α-アラニン-<I>N</I>-カルボン酸無水物のD体とL体の共重合をメタノールを重合開始剤として行ない,重合率50%付近の点で反応を停止したところ,出発モノマー混合物においてより高濃度に用いた方の対掌体が出発時のD,L比よりもより多くポリマー中にとり込まれており,一方,未反応テノマー中ではその逆になっていることが見出された。このことは重合中に不斉選択の起こっていることを意 …

    The Journal of the Society of Chemical Industry, Japan 69(1), 127-130, 1966

    J-STAGE 

  • Reaction Mode of Lithium Aluminium Hydride in the Initiation Step of Polymerization of Acrylates and Mthacrylates  [in Japanese]

    TSURUTA Teiji , KAWABATA Nariyoshi , YAMAMOTO Keisaku

    水素化アルミニウムリチウムと, アクリル酸エステルおよびメタクリル酸エステルとの反応生成物を, ガスクロマトグラフィーを用いて分析した。通常の還元反応の条件下では, カルボニル基が選択的に還元されるが, 重合反応の条件下では,すなわち水素化アルミニウムリチウムの濃度が小さく,反応温度も低い場合には,炭素-炭素二重結合の還元が優先することが明らかにされた。

    The Journal of the Society of Chemical Industry, Japan 69(1), 125-127, 1966

    J-STAGE 

  • Reaction Mode of <I>n</I>-Butylmagnesium Bromide and α, β-Unsaturated Carbonyl Compounds  [in Japanese]

    YASUDA Yoshiro , KAWABATA Nariyoshi , ODA Tsuyoshi , TSURUTA Teiji

    重合条件下におけるα, β- 不飽和カルボニル化合物と臭化<I>n</I>-ブチルマグネシウム( <I>n</I> - C<SUB>4</SUB>H<SUB>9</SUB>MgBr ) との反応生成物をガスクロマトグラフィーで調べたところ,アクリル酸メチル,メタクリル酸メチルからは,<I>n …

    The Journal of the Society of Chemical Industry, Japan 69(1), 121-124, 1966

    J-STAGE 

  • Structure of Isotactic Polymethyl-vinyl-ketone  [in Japanese]

    Wasai Go , Tsuruta Teiji , Furukawa Junji , Fujio Ryota

    アセトン不溶部のポリメチルビニルケトンの延伸試料についてX 線繊維写真を撮影し, ポリメチルビニルケトンの分子構造および結晶構造を解析したところ, ポリメチルビニルケトンの結晶部分は7<SUB>2</SUB>らせんのアイソタクチック構造をとっており, 内部回転角は169°および-73°であることがわかった。<BR>結晶構造は正方晶系でa=14.56A,c=14. …

    The Journal of the Society of Chemical Industry, Japan 66(9), 1339-1344, 1963

    J-STAGE 

  • Consideration on the Q-e Scheme. IV. The Effect of Heteroatoms on the <I>Q-e</I> Terms  [in Japanese]

    Kawabata Nariyoshi , Fueno Takayuki , Tsuruta Teiji , Furukawa Junji

    Price-Alfreとの<I>Q-e</I>法において,<I>P,Q,e<SUB>R</SUB>e<SUB>M</SUB></I>はラジカルとモノマーとの間の共役安定化エネルギーの3成分<I>E</I><SUB>R</SUB>,<I>E< …

    The Journal of the Society of Chemical Industry, Japan 66(6), 836-841, 1963

    J-STAGE 

  • Polymerization of Vinyl Ethyl Oxalate  [in Japanese]

    KAWABATA Nariyoshi , TSURUTA Teiji , FURUKAWA Junji

    シュウ酸エチルビニル(VEO) の重合反応性について研究した。スチレン, メタクリル酸メチル, アクリロニトリルおよび酢酸ビニルとの共重合結果から,VEOのQ値およびe値として0.1と-0.3が得られた。イオン重合並びに有機金属化合物を触媒とする重合におけるVEOの反応性は,同じ条件下での酢酸ビニルの反応性とほとんど変わらなかった。標準的ラジカル重合開始剤を用いて得たポリシュウ酸エチルビニル(PV …

    The Journal of the Society of Chemical Industry, Japan 65(1), 70-73, 1962

    J-STAGE 

  • Consideration on the Q-e Scheme II. Theoretical Approach to the Q-e Scheme  [in Japanese]

    KAWABATA Nariyoshi , TSURUTA Teiji , FURUKAWA Junji

    モノマー反応性比はポリマーラジカルとモノマーとの間の共役安定化エネルギーE<SUB>RM</SUB>で説明のつくことが知られていたが, 著者らはこれを次式によって四つの部分にわけてみた。E<SUB>RM</SUB>=E<SUB>R0M0</SUB>+E<SUB>R</SUB>+E<SUB>M …

    The Journal of the Society of Chemical Industry, Japan 65(1), 64-70, 1962

    J-STAGE 

  • Consideration on the Q-e Scheme I. Re-examination on the Q-e Scheme  [in Japanese]

    KAWABATA Nariyoshi , TSURUTA Teiji , FURUKAWA Junji

    Q-e法を一部修正することを試みたところ,スチレンのeをOにした場合,メチル親和性の対数とQの対数との関係がもっとも直線的となった。またP値は相手モノマーの種類が変わってもほとんど一定であった。しかし,e値は従来のe値と同じように,相手モノマーあるいはラジカルの種類に応じて大きく変動した。この事実はe<SUB>M</SUB>およびe<SUB>R</SUB& …

    The Journal of the Society of Chemical Industry, Japan 65(1), 60-64, 1962

    J-STAGE 

  • Condensation Reaction between Phenol and Acetylene under Ordinary Pressure  [in Japanese]

    Furukawa Junji , Omae Tsutomu , Tsuruta Teiji , Nakashio Seizo

    The Journal of the Society of Chemical Industry, Japan 60(6), 803-803, 1957

    J-STAGE 

  • Copolymerization of N-Vinyl Succinimide and Vinyl Acetate  [in Japanese]

    Furukawa Junji , Tsuruta Teiji , Fukutani Hideo , Yamamoto Naoki , Shiga Minoru

    The Journal of the Society of Chemical Industry, Japan 60(3), 353-355, 1957

    J-STAGE 

  • Synthesis of N-Vinyl Imides by Elimination of Alcohol from Amino Ethers  [in Japanese]

    Furukawa Junji , Onishi Akira , Tsuruta Teiji

    The Journal of the Society of Chemical Industry, Japan 60(3), 350-353, 1957

    J-STAGE 

  • Vinyl Polymerization by Mixed Ionic Catalysts Containing Alkyl Sodium as Component  [in Japanese]

    Furukawa Junji , Tsuruta Teiji , Morimoto Kazuhisa

    イソアミルナトリウムと四塩化チタンとを種々のモル比に混合反応させて, 重合触媒を調製し, これを用いて, 各種ビニルモノマー, すなわち, ビニルエーテル, プロピレン, 酢酸ビニル, エチレン, スチレン, ブタジエン, メタクリル酸メチルおよびアクリロニトリルの重合反応性を調べたところ, 四塩化チタンの相対濃度が小さい触媒系に対しては, アクリロニトリルおよびメタクリル酸メチルの反応性が大きく …

    The Journal of the Society of Chemical Industry, Japan 60(11), 1402-1406, 1957

    J-STAGE 

  • (233)“Alkane” Derivatives II Alkylaryl-pyridmium Salt and -Thiuronium Salt  [in Japanese]

    Oda Ryohei , Tsuruta Teiji , Yoshikawa Chiseki

    The Journal of the Society of Chemical Industry, Japan 54(7), 469-470, 1951

    J-STAGE 

Page Top