猿田 栄助 SARUTA Eisuke

ID:9000255850180

国立東京第二病院血清 The 2nd Tokyo National Hospital (1978年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • 3 Cases of IgD Myeloma and Clinical Reviewof 85 Cases Reported in Japan  [in Japanese]

    ITO Katsuhito , HINO Norihiko , FUKUIYA Yuichi , KAWATO Masafumi , ITO Munemoto , NAGANAWA Noriko , SARUTA Eisuke

    IgD骨髄腫は他の骨髄腫に比して少なく, 臨床像, 検査所見に特異性のあることがいわれている. 我々は, IgD骨髄腫3例を経験し, その臨床像を本邦報告85例と比較検討した. 男子は女性の4倍強と多く, 年令では50~59才代が最多で, 他の骨髄腫に比してやや若い層に認められた. 主訴では痛みを訴えるものが他の骨髄腫と同様に多かつた. light chainの型はほとんどがL型で, K型は9.3 …

    Japanese Journal of National Medical Services 32(8), 1019-1024, 1978

    J-STAGE  Ichushi Web 

Page Top