平岡 武久 HIRAOKA Takehisa

ID:9000255880831

熊本大学医学部第1外科学教室 Ist Dept of Surgery, Kumamoto University Medical School (1983年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • CLINICAL SIGNIFICANCE OF ULTRASONOGRAPHY AFTER THE INJECTION OF LIPIODOL, AS AN OILY ANTICANCER AGENT SMANCS, VIA THE HEPATIC ARTERY FOR HEPATOCELLULAR CARCINOMA  [in Japanese]

    WATANABE Eiji , MIZUTANI Junichi , KONNO Toshimitsu , HIRAOKA Takehisa , TASHIRO Seiki , MIYAUCHI Yoshimasa , MAEDA Hiroshi , YOKOYAMA Ikuzo

    肝細胞癌21例に対してスマンクス/リピオドールの肝動脈内投与を行い, 投与後の超音波像について検討した.(1) 投与後全例に斑点状, 点状ないし線状の高エコーが散在性, 部分的ないしびまん性にみられ, この高エコーは腹部単純X-P像, 切除標本のsoftex写真でスマンクス/リピオドールの停滞部と一致していた.(2) 投与後低エコーまたは無エコーと変化した症例のうち, 切除例の切除標本と対比した結 …

    The Japanese Journal of Gastroenterological Surgery 16(11), 1918-1924, 1983

    J-STAGE 

Page Top