岸 明宏 KISHI AKIHIRO

ID:9000255925684

広島大学医学部外科学第1教室 (1966年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • Laboratory and clinical results with acetylspiramycin in surgical field  [in Japanese]

    ISHII TETSUYA , SHIMAMOTO MANABU , YOKOYAMA YOSHIHIRO , HIRAGA SHUNJI , KISHI AKIHIRO

    近年化学療法の進歩, 発達は目覚ましいものがあり, 外科手術の適応の拡大, 治療成績向上に,麻酔学とともに大いに貢献したことは万人のみとめるところである。<BR>一方, 抗菌性化学療法剤が広く一般に使用されるに至つたため, これに対する耐性菌の増加, または蔓延が問題となつて来た1, 2, 3, 4, 8, 10)。なかでも, 人体の各所に常在して, 表在性化膿, 手術創感染あるいは術 …

    The Journal of Antibiotics, Series B 19(6), 432-437, 1966

    J-STAGE  Ichushi Web 

Page Top