秋枝 洋三 AKIEDA YOZO

ID:9000255929483

日本大学医学部第3外科学教室 The Third Department of Surgery, School of Medicine, Nihon University (1985年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • THERAPEUTIC EFFECT OF A NEW HUMAN IMMUNOGLOBULIN SM-4300 ON THE SEVERE INFECTIONS IN SURGICAL PATIENT  [in Japanese]

    YAMAJI EMIKO , KAWAGUCHI HIROSHI , NAKAYAMA ISSEI , ITOKAWA KANJI , AKIEDA YOZO

    免疫グロブリン製剤の適応は本来, 低又は無ガンマグロブリン血症であるが, 正常の免疫反応を有する患者における難治性重症細菌感染症の治療の補助として, 抗生物質と併用し, 各種のガンマグロブリン製剤の使用頻度が増加している。免疫グロブリンは細菌に対する直接作用はないとされているが, 細菌に抗体が結合して生体内で細菌抗体によるオプソニン効果 (食菌能) が高められること, 補体を介しての抗炎症作用, …

    The Japanese Journal of Antibiotics 38(9), 2617-2621, 1985

    J-STAGE 

Page Top