真鍋 恭弘 MANABE Yasuhiro

ID:9000255940741

Department of Otorhinolaryngology, Fukui Medical School (1990年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • Cervical tubal voice after total laryngectomy:A comparison of tracheoesophageal and tracheogastric shunt voice  [in Japanese]

    SAITO Hitoshi , YOSHIDA Sachio , TSUDA Gota , MANABE Yasuhiro , HONDA Noriyuki , TANIGAWA Nobuhiko

    Komom変法と粘膜皮膚管法による54例のT-Eシャント発声を分析した. 平均 MPTは前者で18秒, 後者で17秒であった. 一方, 年均最大SPLは前者で77dB, 後者で81dBであった. T-Gシャント発声手術を行った4例中3例を音声学的に分析した. 平均MPTは11秒, 平均最大SPLは70dBであった. 胃管発声の方が誤嚥はないが, シャントからの空気注入が悪かった. そのためかT-E …

    OTOLOGIA FUKUOKA 36(1Supplement1), 163-166, 1990

    J-STAGE 

Page Top