森満 保 MORIMITSU Tamotsu

ID:9000255941817

Department of Otorhinolaryngology, Miyazaki Medical College (1996年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • Three cases of a glomus tumor involving the temporal bone  [in Japanese]

    NABEKURA Takashi , HARUTA Atsushi , MATSUURA Koji , TONO Tetsuya , MORIMITSU Tamotsu

    拍動性耳鳴を主症状とした側頭骨グロームス腫瘍の3症例を報告した. 全例に手術のみを施行し, 放射線治療は用いなかつた. CT, MRI, 血管造影で術前診断ができた鼓室型腫瘍, 頸静脈球型腫瘍に対しては腫瘍全摘出術が可能であつたが, 画像診断が不十分で頸静脈球型か鼓室型か鑑別困難であつた初期の1例では再発をきたした. 診断には問診, 耳鏡所見の他, インピーダンスオージオメトリーの所見も参考になる …

    OTOLOGIA FUKUOKA 42(5Supplement2), 867-873, 1996

    J-STAGE 

Page Top