森川 哲夫 Morikawa Tetsuo

ID:9000255946836

聖隷浜松病院外科 The Department of Surgery and Medicine*, Seirei Hamamatsu Hospital, H amamatsu, Shizuoka (1980年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-13 of 13

  • Surgical treatment of ventricular septal defect with aortic insufficiency and report of a case associated with infundibular stenosis.  [in Japanese]

    Irisawa Akihito , Osawa Mikio , Yamamoto Noriaki , Morikawa Tetsuo , Ishii Kiyoshi

    最近われわれは,心室中隔欠損兼大動脈弁閉鎖不全に右室漏斗部狭窄を合併した比較的まれな症例を経験した.症例は25歳男性で,AIはII-III度で右室肺動脈圧較差は80mmHgであった.これに対し,肥厚心筋切除,心室中隔欠損(全円錐部欠損)パッチ閉鎖,prolapse した右冠状動脈弁のplication,および右室流出路バッチ拡大術を行った.術後AIはI度,右室肺動脈圧較差10mmHgと改善した.な …

    Shinzo 12(3), 314-319, 1980

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Sinus venosus atrial septal defect.:Diagnostic and surgical consideration.  [in Japanese]

    Osawa Mikio , Yamamoto Noriaki , Morikawa Tetsuo , Ishii Kiyoshi , Irisawa Akihito , Kawamura Osamu

    従来は静脈洞型心房中隔欠損症の術前診断は困難であった.補助診断的な意義があるといわれていた胸部XPや心電図の変化にも,相関をえられない場合が多い.本症の欠損孔の解剖から,大伏在静脈ルートからのカテーテルは,右房の高位から右肺静脈へ挿入されることがあっても,左肺静脈へは入れにくい.一方,肺動脈ACGのlevogram初期像には大変診断的な特徴がある.これらを組み合せれば,本症は確実に診断される.それ …

    Shinzo 12(2), 158-164, 1980

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Surgical treatment of corrected transposition of the great vessels with ventricular septal defect and pulmonly stenosis.:-On approach to repair of VSD and method of release of PS. -  [in Japanese]

    Morikawa Tetsuo , Osawa Mikio , Yamamoto Noriaki , Ishii Kiyoshi , Iriswa Akihito

    VSD,PSを伴う修正大血管転位症3例に対して根治手術を行った.VSDを閉鎖するための到達経路として,動脈側心室切開(解剖学的右心室),静脈側心室切開(解剖学的左心室),右房切開とそれぞれ異なった方法を用いた.動脈側心室切開は術後のL.O.S.,房室弁の逆流などの問題を残した.これに対して,右房切開は刺激伝導系の障害に対しては問題があったが,術後経過,視野の点では有利であった.<BR> …

    Shinzo 12(1), 69-75, 1980

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Successful repair of ruptured interventricular septum and infartectomy on the 27th day after myocardial infarction. Report of a case.  [in Japanese]

    Yamamoto Noriaki , Morikawa Tetsuo , Ishii Kiyoshi , Irisawa Akihito , Osawa Mikio , Onishi Tetsu , Suzuki Akiko , Inoue Keizo , Inomata Kazuhito

    患者は64歳の女性で,急性心筋梗塞後8日目に心室中隔穿孔を起こし,内科的治療を行ったが心不全が増悪したため,緊急心カテーテル検査を行い,翌日,27日目に手術を行った.Cardioplegiaと心局所冷却を併用し,心尖部寄り前中隔の穿孔部(直径1.8cm)の閉鎖は,まず穿孔部を通して右室側パッチをあて,次に左室側パッチを中隔をはさんでサンドウィッチ状に装着した.左室切開線を中心に厚さ3mmと菲薄化し …

    Shinzo 12(4), 444-451, 1980

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • The surgical management of pulmonary atresia with intact ventricular septum.:a new surgical approach of aorto-pulmonary bypass with Gortex prosthesis  [in Japanese]

    Morikawa Tetsuo , Imai Yasuharu , Osawa Mikio , Suzuki Kouichi , Hanji Yasuhiko , Yoshizawa Kunishige , Shibata Takashi , Ogawa Jiro , Ishii Kiyoshi , Kawamura Tsuyoshi

    心室中隔欠損を伴わない肺動脈閉鎖症はきわめてまれな先天性心疾患である.その自然予後は不良であり,大部分の症例が新生児,乳児期に死亡する.しかもその外科治療は成績不良であり,術式も定まつていない.<BR>今回われわれは2例の本症を経験した.症例1は生後55日,体重2900g右室および流出路の発育が著しく悪かったため,Gortex代用血管にて上行大動脈主肺脈バイパス術を作成した.<B …

    Shinzo 11(2), 200-207, 1979

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Surgical treatment of mitral insufficiency using the flexible ring Report of four cases with surgical consideration  [in Japanese]

    Kawamura Tsuyoshi , Osawa Mikio , Morikawa Tetsuo , Kosukegawa Katsutsugu , Usuda Takao , Tokuyasu Yoshinori , Honda Takashi , Inomata Kazuhito

    僧帽弁閉鎖不全症3例,僧帽弁狭窄兼閉鎖不全症1例に対して,東京女子医大心研で開発されたHexible ring(川副リング)による弁輪縫縮術を行った.本法は,拡大した弁輪を弁輪全周にわたって縫縮するために,縫合部の緊張を全周に分散でき,従来の弁輪縫続術にみられた弁輪部組織あるいは縫合糸の断裂による僧帽弁閉鎖不全の再発を防止できる安定した術式である.川副リングは弁輪拡大が少ない前尖側をrigidに, …

    Shinzo 11(2), 171-178, 1979

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Absent or hypoplastic left innominate vein: Diagnostic and surgical considerations with relation to the persistent left superior vena cava.  [in Japanese]

    Osawa Mikio , Morikawa Tetsuo , Kawamura Tsuyoshi , Kosukegawa Katsutsugu , Usuda Takao

    左腕頭静脈欠損ないし低形成は,左上大静脈存在の有力な微候である.これを診断面に利用し,大腿静脈ルートによる右心カテーテル検査中に若干工夫すれば,左上大静脈遺残は高率に発見される.<BR>一方,過去3年間にわたる左上大静脈の血流処置に関する実験的・臨床的研究成果の上に,さらに症例を重ねてえた知見に基づき,左腕頭静脈欠損ないし低形成を伴った左上大静脈に対する外科的対処も検討した.この結果, …

    Shinzo 10(1), 48-53, 1978

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Direct communication of the right pulmonary artery with the left atrium: A case report and the considerations of diagnosis and surgical treatment  [in Japanese]

    Kawamura Tsuyoshi , Osawa Mikio , Morikawa Tetsuo , Usuda Takao , Kosukegawa Katsutsugu

    10歳の男児で右肺動脈左房直接交通症を経験した.生下時よりチアノーゼがみられたが,発育は正常で運動制限や心雑音は全くなかった.本症は奇異性栓塞症を合併するので早期診断と早期治療が必要な疾患であり,肺動脈造影でその確定診断は容易につく.本症は右肺葉異常,右肺静脈還流様式等の解剖学的特徴により2つの病型に分類され発生学的にも興味のある疾患でもある.<BR>手術術式に関しては,従来,その到達 …

    Shinzo 10(9), 937-943, 1978

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Congenital complete absence of the left pericardium associated with Ebstein's anomaly with ASD, PS and TI.  [in Japanese]

    Morikawa Tetsuo , Osawa Mikio , Kawamura Takeshi , Kosukegawa Katsutsugu , Usuda Takao

    Ebstein奇形にASD,PS,TIを伴い,左側心膜全欠損を合併したため,特異な臨床像を呈した症例を経験した.心電図上,左軸偏位,右室肥大,右脚ブロックを呈し,左室造影では,左室流出路の延長と一見rightanglesign様の所見を認めたため,術前診断はECD,PS,Tlであった.開胸術にて左側心膜全欠損を伴ったEbste沁奇形と判明した.Ebstein奇形自身が軽度であったことと,心膜全欠損 …

    Shinzo 10(6), 624-629, 1978

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • A surgical case of large muscular and small membranous ventricular septal defects with equivalent pulmonary hypertention  [in Japanese]

    Kawamura Tsuyoshi , Morikawa Tetsuo , Kosukegawa Katsutsugu , Usuda Takio , Osawa Mikio

    3歳7ヵ月の女児で巨大な筋性部心室中隔欠損に膜性部小欠損を合併した症例を経験した.筋性部中隔欠損の診断には術前の左室造影が重要で,術中においては色素液左室注入による欠損孔の部位判定法が有用である.<BR>本症例はPp/Ps=O.96,Rp/Rs=0.75の重症肺高血圧症を合併しており,術前の肺生検ではHeath-EdwardsII度の血管病変を示していた.手術を施行したが,術後右心不全 …

    Shinzo 10(8), 822-826, 1978

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Double outlet left ventricle associated with Tricuspid atresia, ventricular septal defect, atrial septal defect, and pulmonaty stenosis.  [in Japanese]

    Morikawa Tetsuo , Osawa Mikio , Harada Masanori , Kosukegawa Katsutsugu , Usuda Takao , Ando Masahiko , Takao Atsuyoshi

    8歳男児で両大血管左室起始症に三尖弁閉鎖,心房中隔および心室中隔欠損,肺動脈弁および弁下狭窄,Bilateral conusを有した症例を経験した.本症例に対して,心房中隔閉鎖と,異種弁付き代用血管を用いて右房肺動脈間にパイバスを作成する手術を施行した.残念ながら,術後1日目に心タンポナーゼと右房不全にて失った.両大血左室起始の希少な剖検所見を中心にして,文献的考察を加えた.また,本症の報告例の集 …

    Shinzo 9(7), 639-645, 1977

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Surgical treatment of corrected transposition associated with V. S. D.. P. S., and situs inversus.  [in Japanese]

    Morikawa Tetsuo , Osawa Mikio , Harada Masanori , Kawamura Takeshi , Kosukegawa Katsutsugu , Usuda Takao , Tanaka Tokutarou

    13歳女児で内臓逆位を伴った修正大血管転位症,すなわちCardell分類B<SUB>4</SUB>,Van Praagh分類I-D-Dに,VSD・PSを合併し,両側室上稜を有した症例を経験した.本症例に対して,解剖学的右室切開にて,心内修複術を施行し良好な結果を得た.この方法には種々の利点があるが,術後重篤な低心拍出量症候群に陥ったり,動脈側心室の房室弁閉鎖不全を生じやすい …

    Shinzo 9(12), 1108-1115, 1977

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Multiple mycotic aneurysms of ascending aorta with perforation of the mi t r ial-aortic intervalvular fibsosa.  [in Japanese]

    Morikawa Tetsuo , Osawa Mikio , Harada Masamori , Kosukegawa Katsutsugu , Usuda Takao , Atsuchi Yoshihiko , Hashimoto Akimasa , Fujiwara Chifuyu

    細菌性心内膜炎または真菌感染後に起るmycotic an-eurysmはよく知られた疾患である.しかし,これが胸部大動脈に起ることは本邦では希れである.我々は上行大動脈に多発したmycotic aneurysmsと瘤の一部が左室腔内に穿孔した症例を経験した.本症に対して,大動脈内側より瘤入口部の縫合閉鎖と大動脈弁置換術とを行ない治癒せしめた.また本症では術前の起音波心エコーで,穿孔部の嚢状組織が, …

    Shinzo 8(13), 1345-1351, 1976

    J-STAGE  Ichushi Web 

Page Top