松坂 裕之 MATSUZAKA Hiroyuki

ID:9000256047262

東京大学工学部合成化学科 Department of Synthetic Chemistry, Faculty of Engineering, The Univerfsity of Tokyo (1988年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • Chemistry of cobalt-ruthenium mixed metal clusters and mixed metal complexes.  [in Japanese]

    MATSUZAKA Hiroyuki , FUKUOKA Atsushi , KOYASU Yukio , UE Makoto , ORISAKU Masami , HIDAI Masanobu

    従来の錯体触媒反応が1種類の金属錯体を用いた反応であるのに対し, 近年, 異種金属錯体の混合物や (混合) 金属クラスターを用いた合成反応が注目を集めている。本研究では, コバルトとルテニウムという組み合わせに注目し, これら2種の金属錯体の混合物がメタノールのホモロゲーション, オレフィンのヒドロホルミル化やヒドロエステル化などのカルボニル化反応に対して, それぞれの金属錯体を単独で用いた場合の …

    NIPPON KAGAKU KAISHI 1988(5), 705-713, 1988

    J-STAGE 

Page Top