宮沢 千尋 MIYAZAWA Chihiro

ID:9000256051644

三菱化成株式会社 Mitsubishi Kasei Corp (1994年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • Development of a New Catalyst Process for Manufacturing Isononyl Alcohol.  [in Japanese]

    SATO Keiich , MIYAZAWA Chihiro , WADA Keisuke , ONODA Takeru

    イソノニルアルコールは,混合オクテンのオキソ反応と次の水素化反応により製造される。オキソ反応の触媒として,新規なロジウムーボスフインオキシド触媒が有効である。イソノニルアルデヒドへの選択率は98%以上である。ロジウム触媒を安定化させるために,オキソ反応液に少量のボスフインを添加し,蒸留により,生成アルデヒドをロジウム触媒液から分離する。この触媒液中のロジウムーボスフイン触媒を酸化剤で酸化することに …

    NIPPON KAGAKU KAISHI 1994(8), 681-689, 1994

    J-STAGE 

Page Top