佃 守 TSUKUDA Mamoru

ID:9000256074812

神奈川県立がんセンター頭頸科 Department of Otorhinolaryngology, Kanagawa Cancer Center (1990年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • Functional reconstruction of the head and neck cancer. Volume reconstruction and dynamic reconstruction.:Volume Reconstruction and Dynamic Reconstruction  [in Japanese]

    YOSHIDA Toyokazu , TSUKUDA Mamoru , KUBOTA Akira , KANEKO Madoka , FURUKAWA Masaki , MAEKAWA Jiro , AOKI Humihiko , ANDO Shinichiro , FURUKAWA Shigeru

    頭頸部のおもな再建の対象となる機能は"嚥下"および"構音"である。舌, 中咽頭, 軟口蓋の欠損が再建の対象となる組織である。舌では残存組織の運動を障害しない"大きな被覆皮弁"や, 舌でも運動すべき組織の少ない亜全摘以上の大きな切除例では嚥下・構音機能のために残存組織の小さな運動によりその機能を発揮できるように"volume"の付加を行った。中咽頭でもこれまでにも報告をみているが, volume を …

    Japanese jornal of Head and Neck Cancer 16(2), 98-102, 1990

    J-STAGE 

Page Top