又吉 嘉伸 MATAYOSHI Yoshinobu

ID:9000256075024

大阪成人病センター・放射線治療科 Department of Rahiation Therapy, The Center for Adult Diseases (1992年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • Long Term Results of Radiation Therapy alone or Combinedwith Intraarterial Chemotherapy for the Patients with Carcinoma of the Maxillary Sinus.  [in Japanese]

    MASAKI Norie , CHATANI Masahi , MATAYOSHI Yoshinobu , KUBO Kazuko , FUCHIHATA Hajime , SHIMIZUTANI Kimishige , IKEDA Hiroshi , INOUE Toshiko

    大阪大学放射線科で1967~1984年に放射線治療が行われた上顎洞扁平上皮癌は592例で, 放射線治療単独は136例, 化学療法併用は456例である。平均経過観察期間は12年 (6~24年) で全例の5年および10年生存率は, それぞれ34%および24%である。T病期別の5年および10年生存率は次のごとくで, T2 (107例): 57%と37%; T3 (318例): 37%と27%; T4 ( …

    Japanese jornal of Head and Neck Cancer 18(2), 27-32, 1992

    J-STAGE 

Page Top