荒木 春美 ARAKI HARUMI

ID:9000256158200

富山化学工業株式会社綜合研究所 Research Laboratory, Toyama Chemical Co., Ltd. (1982年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • THE EFFECT OF PROBENECID ON ABSORPTION AND EXCRETION OF T-1982

    SAIKAWA ISAMU , YASUDA TAKASHI , WATANABE YASUO , MINAMI SHINZABUROU , NISHIDA NAGAKO , KUMANO KATSUHIKO , ARAKI HARUMI , MATSUNAGA KIYOMI

    T-1982の吸収排泄に及ぼすprobenecidの影響を各種動物を用いて検討した。<BR>ラット, ウサギおよびイヌにおいて, T-1982の血中濃度および尿中排泄にはprobellecid併用による影響は認められず, T-1982は主に糸球体ろ過によって腎から排泄されるものと思われる。<BR>一方, サルにおいてprobenecid併用投与によって非併用投与よりもT-1 …

    CHEMOTHERAPY 30(Supplement3), 158-162, 1982

    J-STAGE  Ichushi Web 

Page Top