樋口 和行 HIGUCHI KAZUYUKI

ID:9000256158860

九州大学胸部疾患研究施設 Research Institute for Diseases of the Chest, Faculty of Medicine, Kyushu University (1983年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • EXPERIENCE WITH CEFPIRAMIDE (SM-1652) IN RESPIRATORY TRACT INFECTION AND ITS SERUM CONCENTRATION AFTER CONTINUOUS USAGE

    OGUSHI OSAMU , NINOMIYA KIYOSHI , HIGUCHI KAZUYUKI , MIYAZAKI NOBUYOSHI , SHIGEMATU NOBUAKI

    呼吸器感染症14例に, Cefpiramide (CPM, SM-1652) を投与し以下の成績を得た。<BR>著効4例, 有効9例, 無効1例で, 有効率は93%で満足すべきものであった。<BR>副作用は発熱が3例に, 発疹が1例にみられた。検査値異常として, 3例に軽度のトランスアナーゼの上昇が認められた。これらの副作用およびトランスアミナーゼの上昇は, 投与中止後速か …

    CHEMOTHERAPY 31(Supplement1), 436-440, 1983

    J-STAGE  Ichushi Web 

Page Top