今高 国夫 IMATAKA KUNIO

ID:9000256160493

国立霞ケ浦病院内科 Department of Internal Medicine, National Kasumigaura Hospital (1984年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • CLINICAL STUDY ON AT-2266

    MURAYAMA YUMIKO , KATSU MASATAKA , OKANO REIKO , HAYAKAWA MASAKATSU , ADACHI MASANORI , IMATAKA KUNIO , KAWAI MIEKO , NAKANO MASATO , OKAYAMA KENICHI , TAKIZUKA HISASHI

    新しく開発されたPyridonecarboxylic acid誘導体であるAT-2266を呼吸器感染症7例, 尿路感染症2例に使用した。投与量は1日600~900mgを1日3回に分割し, 5~14日間投与した。その結果, 臨床効果は, 著効1例, 有効6例, やや有効2例, 有効率77.8%であった。<BR>副作用, 臨床検査については異常を認めたものはなかった。

    CHEMOTHERAPY 32(Supplement3), 399-402, 1984

    J-STAGE 

Page Top