田村 豊一 TAMURA TOYOICHI

ID:9000256169292

北秋中央病院内科 Department of Internal Medicine, Hokushu Central Hospital (1988年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • CLINICAL STUDIES OF CS-807

    TAKEBE KAZUO , SAGARA MORIO , OKAMOTO KATSUHIRO , NAKAMURA MITSUO , IRIE TATSURO , MIYAZAWA TADASHI , TAMURA TOYOICHI , TSUSHIMA FUMIHIRO , BOKU AKITOSHI

    新しい経口セフェム剤, CS-807の臨床効果を急性咽頭炎1例急性気管支炎10例, 肺炎1例肺炎+膿胸1例, 慢性気管支炎3例6気管支喘息+感染1例.慢性膀胱炎2例1急性腎孟炎3例を含む22例で検討した。これら対象症例のうち60歳以上が64%, 礎疾患を伴うものが64%であった。臨床効果の有効率は呼吸器感染症で76.5%, 尿路感染症で80.0%で, 全体で77.3%であった。<BR> …

    CHEMOTHERAPY 36(Supplement1), 358-363, 1988

    J-STAGE 

Page Top