鈴木 正武 SUZUKI MASATAKE

ID:9000256324700

県立がんセンター新潟病院病理 Cancer Center Niigata Hospital Division of Pathology (1980年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • GASTRIC CARCINOID SHOWING MULTIPLE POLYPS ON THE GASTRIC MUCOSA

    SATO KOJI , KATO TOSHIYUKI , NIWA MASAYUKI , SAITO YUKIFUMI , TSUTSUI KAZUYA , OGOSHI KAZUEI , SANO MUNEAKI , SUZUKI MASATAKE

    多発性の粘膜下腫瘍で発見された極めて興味ある胃カルチノイドの1例を経験した. 症例は58歳の主婦,8年前心肥大にて,4年前より腹部膨満感を来し加療していた.56歳時に胃集検で胃ポリープ症とされ,当科に紹介された.多発性胃ポリープ症として外来で観察し,約1年後の3回目の生検にて胃カルチノイドが疑われた.内視鏡的に切除した標本が主に粘膜下に発育した腫瘍で,特徴的な組織像を示し確診した.グリメウス陽性で …

    GASTROENTEROLOGICAL ENDOSCOPY 22(9), 1264-1273, 1980

    J-STAGE  Ichushi Web 

Page Top