遠藤 登喜子 ENDO Tokiko

ID:9000256327380

愛知県がんセンター 放射線診断部 Department of Radiology Aichi Cancer Center Hospital (1983年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • BODY IMAGING DIAGNOSIS OF OBSTRUCTIVE JAUNDICE : RE-EVALUATION OF DIFFERENT BODY IMAGING METHODS

    TANEHIRO Kenji , KUNG Nobuyoshi , KURIMOTO Kumiko , YOKOTA Tetsuo , KANO Tomoyuki , KASUGAI Tatsuzo , ENDO Tokiko , KIDO Choichiro

    閉塞性黄疸に対する各種画像診断法の診断能を検討し合理的な診断法について考察した.最近,閉塞の有無や部位の診断に,胆道描出能にすぐれ無侵襲性のUSやCTが用いられるが,閉塞性黄疸70例の当検討では,USの診断率が95%,CTが98%と共にすぐれていた.従って閉塞性黄疸で第1に選択すべき検査法はCTより無侵襲性,簡便,低コストなUSであり,USで胆管の充分な追跡ができない時のみCTを試みると良い.原因 …

    GASTROENTEROLOGICAL ENDOSCOPY 25(2), 220-228, 1983

    J-STAGE 

Page Top