棟方 昭博 MUNAKATA Akihiro

ID:9000256334759

弘前大学消化器血液内科学 Department of Gastroenterology, Hirosaki University School of Medicine (2008年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-17 of 17

  • RISK FACTORS FOR HEMORRHAGE AFTER COLONOSCOPIC POLYPECTOMY AND THEIR RELATION SHIP TO THE USE OF CLIPS  [in Japanese]

    TSUJI Tsuyotoshi , MURATA Yuji , MIKAMI Tatsuya , FUKUDA Shinsaku , KIKUCHI Hidezumi , SAITO Daisuke , YOSHIMURA Tetsuro , SASAKI Yoshihiro , MUNAKATA Akihiro , SASAKI Hiromi

    内視鏡的大腸ポリープ切除術(以下CP)の早期後出血の危険因子とクリップ残存率について検討する.【方法】CPの翌日に大腸内視鏡検査(以下CS)にて切除潰瘍を確認した165症例,308病変(62.8±11.2 歳)を対象とした.後出血の有無は,出血なし,出血痕(潰瘍周囲の血液貯留),出血ありに分類し,クリッピングが施行された症例については,クリップ残存数を記録した.観察項目は,ポリープの切除方法,病変 …

    GASTROENTEROLOGICAL ENDOSCOPY 50(2), 199-205, 2008

    J-STAGE 

  • A CASE OF MANTLE CELL LYMPHOMA WITH EARLY GASTRIC CANCER  [in Japanese]

    HANABATA Norihiro , MUNAKATA Akihiro , MIKAMI Tatsuya , FUKUDA Shinsaku , NISHIYA Daisuke , SASAKI Satoshi , TAKAHATA Takenori , ITOH Jugoh , SASAKI Yoshihiro , KIJIMA Hiroshi

    症例は,78歳男性.狭心症で当院内科通院中,貧血の進行を認め当科紹介.上部消化管内視鏡検査では,幽門部小彎前壁側にcType0IIa+IIc型病変がみられ,十二指腸,下部消化管内視鏡検査で全大腸,ダブルバルーン小腸内視鏡検査で全小腸にmultiple lymphomatous polyposis(MLP)を認めた.生検病理組織検査の結果,早期胃癌を合併したマントル細胞リンパ腫(MCL)と診断した. …

    GASTROENTEROLOGICAL ENDOSCOPY 49(7), 1674-1680, 2007

    J-STAGE 

  • A SURVEY OF THE RELATIONSHIP BETWEEN THE CESSATION PERIOD OF ANTI-PLATELET AGENTS ON THE INVASIVE ENDOSCOPIC PROCEDURE  [in Japanese]

    ISHIZAWA Tomoko , TAMAI Yoshiko , TAKAMI Hideki , YAMAGATA Kazufumi , MIKAMI Tatsuya , SASAKI Satoshi , FUKUDA Shinsaku , MUNAKATA Akihiro

    【背景・目的】抗血小板薬服用者に観血的内視鏡手技を施行する頻度が増しているため,手技前の抗血小板薬の休薬状況と偶発症に関して検討した.【方法】25施設81名の内視鏡施行医(検査施行経験3年以上)に観血的内視鏡手技施行前の抗血小板薬(アスピリン,チクロピジン)休薬の有無・期間,周術期における出血・血栓塞栓の発症について聞き取り調査した結果を分析した.【結果】生検では約50%,ポリープ・粘膜切除術およ …

    GASTROENTEROLOGICAL ENDOSCOPY 48(5), 1102-1108, 2006

    J-STAGE 

  • Endoscopic Injection Sclerotherapy for Gastro-esophageal Varices in a Patient with Myelofibrosis.  [in Japanese]

    YAMAGATA Ryo , FUKUDA Shinsaku , ENDO Tetsu , MIZUKI Ichiro , MUNAKATA Akihiro

    症例は76歳男性.昭和57年より骨髄線維症の診断にて当科外来にて経過観察されていた.平成10年,上部消化管内視鏡検査にて胃・食道静脈瘤を指摘され,治療目的に当科人院となった.人院後,計4回にわたり内視鏡的硬化療法を施行し,静脈瘤の著明な改善を得た.報告例は少ないが,内視鏡的硬化療法は本症例のような特異な病態によって生じた静脈瘤に対しても非常に有効な治療法であると考えられた.

    Gastroenterological Endoscopy 43(5), 951-956, 2001

    J-STAGE 

  • A Case of Stricture-Type Ischemic Colitis Successfully Treated by Continuous Intravenous Infusion of Prostaglandin E1.  [in Japanese]

    KIMURA Seiji , SUZUKI Kazuo , AIZAWA Tadashi , ENDOH Tetsu , KANAZAWA Hiroshi , MUNAKATA Akihiro , TANAKA Masanori

    症例は75歳男性.平成10年10月24日に下血のため当科受診.大腸内視鏡検査では片側性の縦走潰瘍と共に肛門輪から40cmにピンホールサイズの高度狭窄があり,それ以上挿入困難だった.生検所見では典型的な虚血性変化を認めた.1カ月後の注腸造影にてS状結腸・下行結腸移行部に内径8mmの狭窄があり,狭窄型虚血性大腸炎と診断した.約2カ月間の保存的治療後も狭窄所見は改善しないため,平成11年1月11日に外科 …

    Gastroenterological Endoscopy 42(8), 1323-1331, 2000

    J-STAGE 

  • A Case Report of Salmonella Infection Simulating Ischemic Colitis.  [in Japanese]

    KAJIHARA Hiroko , SUTO Koji , TANAKA Masanori , FUKUSHI Katuhisa , NAKAJIMA Hitoshi , KUDOU Hajime , MUNAKATA Akihiro

    症例は30歳の女性,突然の血性下痢と腹痛を訴え当院を受診した.大腸内視鏡検査では下行結腸に潰瘍が多発し浮腫が強く,注腸造影検査ではthumb printing像を認めた.経過と画像所見からは虚血性大腸炎を第一に考えたが,便培養の結果サルモネラ繭が検出された.抗生物質の投与で症状が改善し下行結腸の潰瘍,浮腫も改善した.本症例ではサルモネラ感染を契機に,腸管に虚血性大腸炎に類似した変化が引き起こされて …

    Gastroenterological Endoscopy 42(3), 282-285, 2000

    J-STAGE 

  • A case report of steakhouse syndrome presenting with ischemic electrocardiogram findings.  [in Japanese]

    NAKAJIMA Hitoshi , MURAMOTO Kazunori , SASAKI Hiromi , NARA Hideyasu , SATO Ken , MUNAKATA Akihiro

    症例は62歳の男性.宴会の席で咀囑不十分なサザエのつぼやきを摂食後から胸骨後部に違和感が生じ,4日後に当院で検査を施行するに至った.上部消化管内視鏡検査で切歯列より38cmの食道内腔に食物塊の嵌頓をみとめ,内視鏡操作により胃の中に落下させ解除できた.この部位は伸展不良があるものの,組織生検やCT検査にて腫瘍性病変は否定されsteakhouse syndromeと診断した.嵌頓時に記録した心電図では …

    Gastroenterological Endoscopy 41(12), 2509-2513, 1999

    J-STAGE 

  • Hematological Characteristics of Hypoplastic MDS Patients with Chromosomal Abnormalities, Who Had Been Followed for Aplastic Anemia with Normal Karyotypes  [in Japanese]

    TAMAI Yoshiko , KAWAMURA Setsuko , TAKAMI Hideki , NAKAHATA Rieko , NAKUI Yuka , SUZUKI Yuko , AKAGI Tomoaki , KARIYA Katsutoshi , TSUSHIMA Kenichi , MUNAKATA Akihiro

    当科で再生不良性貧血(AA)として治療中に染色体異常が検出され,低形成性骨髄異形成症候群(MDS)と診断された5例についてその初期における血液学的特徴を検討した。症例は男4名,女1名で,初診から低形成性MDSと診断されるまでの期間は平均10.4カ月(6∼18カ月),診断時平均年齢は51.0歳(31∼61歳)であった。内訳はRA 3例,RAEB 1例,RAEB-T 1例であった。5例 …

    Rinsho Ketsueki 38(12), 1243-1248, 1997

    J-STAGE 

  • Intraoperative Ultrasonography Using Miniture Ultrasonic Probe During Laparoscopic Biliary Surgery.  [in Japanese]

    ENDOH Masaaki , MUNAKATA Akihiro , YOSHIHARA Syuichi , HAKAMADA Kenichi , BABA Toshiaki , YOSHIZAKI Takaaki , HADA Ryukichi , SUZUKI Hidetoshi , SASAKI Mutsuo , KONN Mitsuru

    胆道の腹腔鏡手術において,ラジアル走査式内視鏡用超音波プローブ(UM-1W,径3.4mm,周波数7,5MHz)を用いた術中超音波検査(術中US)を18例に試み,以下の結果を得た.(1)胆嚢,胆嚢管,肝外胆管は全例で同定できた.narrow distal segment,主膵管,乳頭部も描出し得たが,3例(17%)では下部胆管を十分追跡できなかった.(2)門脈や肝動脈,胆嚢動脈などの同定も可能であっ …

    Gastroenterological Endoscopy 36(3), 490-498, 1994

    J-STAGE 

  • COEXISTENCE OF CARCINOMA IN ADENOMA AND CAVERNOUS LYMPHANGIOMA IN THE COLON-A CASE REPORT-

    OGASAWARA Hitoshi , NAKAJIMA Hitoshi , MUNAKATA Akihiro , YOSHIDA Yutaka , TANAKA Masanori , KODATE Chika , IWAMURA Hideki , CHIBA Risuke

    同一部位に大腸リンパ管腫と早期癌が併存し,他の部位にも早期癌とリンパ管腫を認めた稀有な1例を経験した.症例は78歳男性,主訴は軟便.大腸X線検査にて盲腸,肝弯曲部,横行結腸に隆起性病変を指摘.盲腸は腺腫,肝弯曲部はリンパ管腫,横行結腸はリンパ管腫と腺腫が併存した病変を疑い内視鏡的切除を行った.組織診の結果盲腸が1型早期癌(深達度m)肝弯曲部が海綿状リンパ管腫,横行結腸は海綿状リンパ管腫とm癌が併存 …

    GASTROENTEROLOGICAL ENDOSCOPY 36(1), 79-84_1, 1994

    J-STAGE 

  • 日本消化器内視鏡学会卒後教育委員会下部消化管内視鏡検査ガイドライン(案)  [in Japanese]

    多田 正大 , 武藤 徹一郎 , 棟方 昭博 , 松井 敏幸

    GASTROENTEROLOGICAL ENDOSCOPY 35(5), 1237-1240, 1993

    J-STAGE 

  • A RANDOMIZED CONTROLLED STUDY ON IMIPENEM/CILASTATIN SODIUM IN COMPARISON TO AZTREONAM+LINCOMYCIN IN TREATING SEVERE INFECTIONS IN PATIENTS WITH MALIGNANT TUMORS OR HEMATOLOGICAL DISEASES  [in Japanese]

    SAKATA YUH , SOMA NORIKO , YAMADA YASUHIDE , TAKEMORI HIROMITSU , BABA TAKIO , SUDO KOJI , MUNAKATA AKIHIRO , YOSHIDA YUTAKA , TAKAGI SHINYA , KAWATSU SHUNTARO , SATO TOSHINOBU , SAWADA YOSHIHIKO , CHIBA YOICHI , FUJITA KOH , KUROE KIYOO , NAKAJI SHIGEYUKI , TAKAMI HIDEKI , TSUSHIMA KENICHI , SAITO SOH , OGASAWARA HITOSHI , SHINAGAWA HIROKI

    悪性腫瘍・造血器疾患に合併する重症感染症に対する対策としてImipenem/Cilastatinsodium (IPM/CS)(1.0~1.5g/日, IPM群) とAztreonam (AZT) +Lincomycin (LCM)(4g+1,200~2,400mg/日, AZT+LCM群) の効果について4施設において封筒法による比較試験を施行した。1989年10月から1991年3月までに95例 …

    The Japanese Journal of Antibiotics 45(8), 1009-1015, 1992

    J-STAGE 

  • A Study on Endoscopic Resection of the Colonic Submucosal Tumor by Local Methylene Blue Injection.  [in Japanese]

    UNO Yoshiharu , SASAKI Yoshihiro , MUNAKATA Akihiro

    良性の大腸粘膜下腫瘍であるリンパ管腫・脂肪腫は,polypectomyにより確定診断と治療が同時に可能であるが,腫瘍が粘膜下に存在するため,切除後の合併症を常に念頭に置かねばならなかった.著者らは,腫瘍の基部の粘膜下にメチレンブルーを加えた生理食塩水を注入し,切除する方法を考案し,リンパ管腫2例,脂肪腫2例に施行し完全切除に成功した.粘膜下腫瘍の基部に生食を注入することにより,electrocoa …

    Gastroenterological Endoscopy 34(8), 1888-1893, 1992

    J-STAGE 

  • Endoscopic ultrasonography(EUS) in assessment of malignant spread from bile duct cancer.  [in Japanese]

    ENDOH Masaaki , SHIROTO Chiyuki , MORITA Takayuki , HADA Ryukichi , INOUE Shigeaki , SUZUKI Hidetoshi , SASAKI Mutsuo , SUGIYAMA Yuzuru , ONO Keiichi , MUNAKATA Hiroaki

    超音波内視鏡(EUS)による胆管癌の進展度診断について検討し,以下の結果を得た.1)切除胆管壁の検討では胆管壁はEUS上,粘膜側から高・低・高の3層構造として描出され,この異常に着目することにより進展度診断の可能なことを確認した.2)腫瘍描出率は89%(16/18)であった.3)16例を対象とした深達度診断では1群(m,fm,af)50%,II群(ss,se)86%,全体で81%の成績であった.I …

    Gastroenterological Endoscopy 33(2), 243-256, 1991

    J-STAGE 

  • DEMONSTRATION OF THE CAUDATE BILE DUCT BY CONVENTIONAL AND ENDOSCOPIC ULTRASONOGRAPHY : A CASE OF HEPATOLITHIASIS WITH STONES IN THE CAUDATE BILE DUCT

    ENDOH Masaaki , SHIROTO Chiyuki , TAKAHASHI Kenichi , NAKACHI Hiromichi , INOUE Shigeaki , HADA Ryukichi , SUZUKI Hidetoshi , SASAKI Mutsuo , ONO Keiichi , MUNAKATA Akihiro

    USならびにEUSによって尾状葉胆管枝(B1)およびB1内結石を診断できた右後区域肝内結石症の1例を経験したので報告し. 症例は上腹部痛を主訴とする44歳,男性である.電気水圧砕石装置を用いたPTCS下切石術により右後区域胆管枝内およびB1と思われる胆管枝内結石を除去後USおよびEUSを実施したところ,尾状葉内に同胆管枝が描出され,さらにほかにも結石が充満したB1が存在することが明らかとなった.こ …

    GASTROENTEROLOGICAL ENDOSCOPY 32(2), 442-449_1, 1990

    J-STAGE 

  • A case of anomalous pancreatico-biliary ductal arrangement demonstrated with endoscopic ultrasonography(EUS).  [in Japanese]

    ENDOH Masaaki , MUNAKATA Akihiro , MATSUKAWA Masakatsu , NAKACHI Hiromichi , TAKAHASHI Kenichi , SASAKI Mutsuo , INOUE Shigeaki , RADA Ryukichi , SUZUKI Hidetoshi , SUGIYAMA Yuzuru , ONO Keiichi

    膵管胆道合流異常は,通常ERCP,PTC,術中胆道造影などのX線学的診断あるいはシネ胆道造影,胆道鏡胆道内圧検査などの機能的観察法によって診断される.今回,著者らはこれまで報告のなかったEUSによる本症の下部胆道・膵管の描出を試みた結果,両者の十二指腸壁外合流を診断し得た1例を経験したので報告する.症例は34歳,男性例で,超音波検査にて総胆管拡張を指摘され,ERCPにより胆管合流型の膵管胆道合流異 …

    Gastroenterological Endoscopy 31(4), 961-965, 1989

    J-STAGE 

  • TWO CASES OF PSEUDOMELANOSIS DUODENI

    KUDOH Ikuo , KAWASAKI Masatoshi , MUNAKATA Akihiro , YOSHIDA Yutaka , DENPOH Yohko , ETO Tadashi , KAWABE Hiroyasu , KODATE Chika

    十二指腸偽メラノーシスの2例を報告した.1例は生来健康な50歳男性で薬物の既往はない.十二指腸球部上壁に黒褐色の斑状の色素沈着を認めた.色素は粘膜固有層にあり,PAS染色,鉄染色陰性であったが,Fontana-Masson染色陽性であった.電顕ではほぼ円形のライソゾームの均一なきめの細かい高電子密度の物質として認めた.他例は83歳女性.高血圧症,貧血で降圧剤(サイアザイド,ヒドララジン,レセルピン …

    GASTROENTEROLOGICAL ENDOSCOPY 31(1), 130-134_1, 1989

    J-STAGE 

Page Top