伊藤 剛 ITO GO

ID:9000256335408

東京大学 第1内科 The First Department of Medicine, School of Medicine, University of Tokyo (1989年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • Three year natural history of duodenal ulcers detected by gastric mass survey in males over 40 years of age.  [in Japanese]

    KANEKO Eizo , OOI Shigeko , ITO GO , KUMAGAI Junichi , HONDA Nishio , SHIMIZU Akihiro , MIKI Kazumasa , NIWA Hirohumi

    胃集検で発見された十二指腸潰瘍(40歳以上の男性)を病期の如何を問わず未治療のまま6カ月ごとの内視鏡検査で経過を追跡した.1年間追跡例は593例,3年間追跡例は234例で,それぞれ追跡予定者の66%,58%であった.1年目の検査では初回オープン潰瘍の18.3%が瘢痕化し,初回瘢痕の30.8%が再発していた. 潰瘍の形態別では,単発潰瘍に比し多発,線状潰瘍で有意に治癒率が低く,かつ再発率が高かった. …

    Gastroenterological Endoscopy 31(4), 911-917, 1989

    J-STAGE 

Page Top