加納 知之 KANO Tomoyuki

ID:9000256336417

愛知県がんセンター消化器内科 Aichi Cancer Center Hospital, Department of Gastroenterology (1990年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • ENDOSCOPIC HEMOSTASIS BY LOCAL APPLICATION OF GELATIN SOLUTION

    KANO Tomoyuki , KURIMOTO Kumiko , ITO Yoshiaki , NAKAMURA Tsuneya , OKUYAMA Makoto , KOBAYASHI Seibi

    私どもはゼラチン溶解液を用いた内視鏡的局注止血法を開発した.本法は中性,非抗原性物質である粉末ゼラチン(Gelfoam. Upjohn Co.USA)を出血血管の周囲及び出血巣へ局注する方法である.本法の作用機序は出血源となる血管を局注物質により圧迫止血することが主体であるため,エタノールと異なり局注による潰瘍形成や穿孔の危険が無いことが利点である.上部消化管出血24例,下部消化管出血21例におけ …

    GASTROENTEROLOGICAL ENDOSCOPY 32(10), 2334-2341_1, 1990

    J-STAGE 

Page Top