宋 健二 SO Kenji

Articles:  1-9 of 9

  • A CASE OF ULCERATIVE COLITIS ASSOCIATED WITH DISSEMINATED INTRAVASCULAR COAGULATION AND TOXIC MEGACOLON

    WATANABE Kenji , OKUNO Masahiro , KITANO Atsuo , KOBAYASHI Kenzo , OKAWA Kiyotaka , KIOKA Kiyohide , NEBIKI Hiroko , SO Kenji , OKA Hiroko , YAMADA Hideaki , HARIHARA Shigeyoshi , LEE Kwang Choon

    症例は51歳女性で,主訴は血性下痢.プレドニン強力静注療法等で治療を行ったが改善せず,DICを合併し内科的に治癒した.続いて中毒性巨大結腸(TM)を合併し,手術を行い救命し得た.本例の如く術前にDICとTMを合併し救命し得た報告は本邦に無かった.島状残存粘膜が縦走配列を示す,特異な肉眼的病理所見を呈した.重症の潰瘍性大腸炎では,エンドトキシンの血中への流入が,DIC発症の引き金となることが推測され …

    GASTROENTEROLOGICAL ENDOSCOPY 38(8), 1979-1984_1, 1996

    J-STAGE 

  • A CASE OF MULTIPLE MINUTE-CARCINOIDS OF THE RECTUM-

    SANO Koji , SO Kenji , OKA Hiroko , YAMADA Hideaki , HARIHARA Shigeyoshi , KITANO Atsuo , KOBAYASHI Kenzo , OKAWA Kiyotaka , WATANABE Kenji , HAMASAKI Naoko , MORIKAWA Hiroyasu , OHBA Hiroko , MORIYOSHI Yasuko , KIOKA Kiyohide , NEBIKI Hiroko

    症例は37歳女性で,下痢を主訴に受診し,内視鏡検査にて直腸に微小カルチノイドを1個認めた.後日内視鏡的切除時に,その近傍に別の微小カルチノイドを1個発見し,両方とも内視鏡的に完全切除し得た.本症例を含む多発性直腸カルチノイドは,本邦では10例の報告しかみられず稀であり,内視鏡的に切除し得たのは本例を含めて2例のみであった.また,悪性腫瘍の合併も50%と高率であり,厳重な経過観察が必要と考えられた.

    GASTROENTEROLOGICAL ENDOSCOPY 38(11), 2651-2655_1, 1996

    J-STAGE 

  • A CASE OF METASTATIC COLONIC CANCER, SECONDARY TO LUNG CANCER, SHOWING BULL'S EYE APPEARANCE

    OKAWA Kiyotaka , YAMADA Hideaki , HARIHARA Shigeyoshi , KITANO Atsuo , KOBAYASHI Kenzo , SATO Hiroshi , OHBA Hiroko , WATANABE Kenji , MORIYOSHI Yasuko , KIOKA Kiyohide , NEBIKI Hiroko , SO Kenji , OKA Hiroko

    症例は74歳,男性で,血便を主訴に入院し,内視鏡検査にて上行結腸に牛眼像を示す粘膜下腫瘍を3個認めた.その後の検査により肺癌が原発巣と診断された.肺癌の大腸転移例は本邦で12例のみしか報告されておらず,稀な症例である.このうち牛眼像を呈したのは4例のみで少なかった.本例のように,多発性の牛眼像を認めた症例においては,脈管性の転移性大腸癌の可能性が高く,肺を含めた腹腔以外の原発巣を検索すべきと考えら …

    GASTROENTEROLOGICAL ENDOSCOPY 37(3), 609-615_1, 1995

    J-STAGE 

  • A CASE OF HEYDE'S SYNDROME SUCCESSFZTLLY TREATED WITH ENDOSCOPY

    OKAWA Kiyotaka , SO Kenji , OKA Hiroko , YAMADA Hideaki , HARIHARA Shigeyoshi , OKAMOTO Yasuyuki , NISHIZAWA Keijiro , KITANO Atsuo , KOBAYASHI Kenzo , WATANABE Kenji , SANO Koji , HAMASAKI Naoko , OHBA Hiroko , AOKI Tetsuya , MORIYOSHI Yasuko , KIOKA Kiyohide , NEBIKI Hiroko

    症例は71歳,女性.他院にて大動脈弁狭窄(AS)兼閉鎖不全と診断されたが,大量下血のため,入院した.上部および下部内視鏡検査,血管造影にて異常所見を認めずy当院を紹介された.3カ月後に再度大量下血があり,大腸内視鏡検査にて上行結腸にvascular ectasia(VE)を認め,内視鏡治療を行った.AS,VE,繰り返す消化管出血の合併はHeyde症候群と呼ばれ,本邦では稀であり報告した.

    GASTROENTEROLOGICAL ENDOSCOPY 37(12), 2789-2793_1, 1995

    J-STAGE 

  • A CASE OF INTESTINAL TUBERCULOSIS ACCOMPANYING DUODENAL LESIONS

    OKAWA Kiyotaka , KOBAYASHI Kenzo , WATANABE Kenji , SHINDO Yoshikazu , SO Kenji , OKA Hiroko , YAMADA Hideaki , HARIHARA Shigeyoshi , ISHIGURO Shingo , KITANO Atsuo

    患者は47歳女性で貧血,下痢を主訴に入院した.十二指腸下行脚から水平脚にかけて著明なfoldの集中を伴う多発性潰瘍がみられ,狭窄は認めなかった.菌検査,生検により十二指腸病変を伴う結核症と診断した.本邦報告例よりみた十二指腸結核の特徴は著明な狭窄が70%にみられ,手術率は83%と高く,生検での診断率は35%と低かった.本症例は生検で診断し得,著明な狭窄を呈さず,内科的に治癒せしめた点で稀な症例であ …

    GASTROENTEROLOGICAL ENDOSCOPY 35(11), 2718-2722_1, 1993

    J-STAGE 

  • 無症候性HBVキャリアにおける末梢血中単核細胞のエストロゲン結合能について  [in Japanese]

    武田 弘 , 溝口 靖紘 , 宮島 慶治 , 筒井 ひろ子 , 阪上 吉秀 , 宋 健二 , 関 守一 , 山本 祐夫 , 森沢 成司

    Kanzo 26(12), 1693-1693, 1985

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Interferon投与動物の肝組織における2',5'-oligoadenylate synthetase活性について  [in Japanese]

    黒木 哲夫 , 門奈 丈之 , 梶本 庸右 , 成瀬 紀男 , 西口 修平 , 宋 健二 , 塩見 進 , 斉藤 忍 , 溝口 靖紘 , 山本 祐夫 , 大谷 周造 , 森沢 成司

    Kanzo 25(3), 417-417, 1984

    J-STAGE 

  • Interferon投与B型慢性肝炎患者の末梢血単核細胞における2',5'-oligoadenylate synthetase活性の推移  [in Japanese]

    西口 修平 , 門奈 丈之 , 宋 健二 , 塩見 進 , 斉藤 忍 , 針原 重義 , 黒木 哲夫 , 山本 祐夫 , 大谷 周造 , 森沢 成司

    Kanzo 25(3), 416-416, 1984

    J-STAGE 

  • HBV感染者の抗体産生に及ぼすエストラジオールの影響  [in Japanese]

    池本 吉博 , 針原 重義 , 門奈 丈之 , 山本 夫 , 森沢 成司 , 川上 広育 , 溝口 靖紘 , 沢井 寛子 , 筒井 ひろ子 , 宮島 慶治 , 宋 健二 , 新井 孝之 , 阪上 吉秀 , 東森 俊博

    Kanzo 24(3), 353-353, 1983

    J-STAGE 

Page Top