綾川 忠男 ARAKAWA Tadao

ID:9000256348667

愛知医科大学病院病理部 (2000年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • A Case of Gastric Carcinoid Tumor Associated with Type A Atrophic Gastritis Treated with Endoscopic Aspiration Submucosectomy.  [in Japanese]

    YOSHIKANE Hiroaki , HIDANO Hitoshi , SAKAKIBARA Akira , ARAKAWA Tadao , TAKI Norihito , MIZUNO Kazuaki , UCHIDA Hiroki , ARAKAWA Daigo , TAKIO Yokoi

    症例は43歳,男性.平成5年に胃粘膜下腫瘍を指摘され,平成11年に生検でカルチノイドと診断された.精査にて腫瘍は胃体中部後壁に位置する径9mm,深達度smの一単発性胃カルチノイドでA型胃炎と関連していた.ガイドチューブ付き透明キャップを用いて内視鏡的吸引粘膜下切除術を施行した.良好に切除され,9カ月後遺残,再発所見を認めていない.A型胃炎に関連した胃カルチノイドは一般に低悪性な腫瘍であり,悪性度に …

    GASTROENTEROLOGICAL ENDOSCOPY 42(12), 2256-2262, 2000

    J-STAGE 

Page Top