鶴見 哲也 TSURUMI Tetsuya

ID:9000256348865

岡山赤十字病院内科 Forth Department of Internal Medicine, Okayama Red Cross Hospital (2000年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • A Case of Acute Solitary Colonic Ulcer of Transverse Colon.  [in Japanese]

    MIZUSHIMA Takaaki , MATSUMURA Naoki , OCHI Koji , KATO Tadahiro , HASUOKA Hideaki , TSURUMI Tetsuya , SAWA Kiminari , HARADA Hideo

    症例は66歳の女性で主訴は便への血液付着.気管支喘息にて通院治療中に,誘因なく便に血液が付着していることに気がついた.内視鏡検査では横行結腸に1発性の潰瘍性病変を認める以外に異常なし.無治療経過観察で3週間後の注腸検査では,潰瘍病変が認められた部位は潰瘍瘢痕となっていた.4週間後の内視鏡検査でも潰瘍の部位は潰瘍瘢痕のみで,他に異常は見られなかった.自覚症状は一度便に血液が付着した以外はなく,その後 …

    Gastroenterological Endoscopy 42(3), 277-281, 2000

    J-STAGE 

Page Top