古川 晶久 Furukawa Akihisa

ID:9000256409810

東京大学工学部応用化学科 (1960年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • Study on the High Temperature Oxidation of Nickel-Cobalt Alloys  [in Japanese]

    Fueki Kazuo , Furukawa Akihisa

    二元合金の高温酸化の現象を明らかにするため,ニッケル-コバルト合金を選び,この高温酸化を酸化増量の測定,金属顕微鏡観察,X線回折,酸化物被膜の化学分析などの方法で調べた。(1)酸化増量の測定はGulbransen型の真空微量天秤を用いて行ない,どの組成の合金も抛物線的に酸化することを見出し,酸化速度定数,活性化エネルギーを求めた。(2)金属顕微鏡により酸化物層は単一相になっていることおよび内部酸化 …

    The Journal of the Society of Chemical Industry, Japan 63(5), 724-729, 1960

    J-STAGE 

Page Top