本広 昭 MOTOHIRO Akira

ID:9000256514852

国立病院九州がんセンター呼吸器部 Department of Chest Surgery, National Kyushu Cancer Center Hospital (1990年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • Combined modality treatment of lung cancer.  [in Japanese]

    OHTA Mitsuo , HARA Nobuyuki , ICHINOSE Yukito , MOTOHIRO Akira , KUDA Tomoharu , ASO Hiroshi , CHIKAMA Hideki , KAWASAKI Masayuki , KUBOTA Ichiro

    肺癌は比較的早期より微小遠隔転移を生じてくるので, 全身療法を含む集学的治療が必要である. 集学的治療の効果は, 抗癌剤によく反応する肺小細胞癌にまず現われた.<br>小細胞癌では現在化学療法が主治療法であり, 放射線や切除術が補助として用いられる. 局所再発防止には切除術が効果的であるが, その適応はI・II期例までで, III期例にはなお問題がある. PCIはI・II期のCR例には …

    Japanese Journal of National Medical Services 44(1), 3-10, 1990

    J-STAGE 

Page Top