重松 一生 SHIGEMATSU Kazuo

ID:9000256517308

国立療養所南京都病院神経内科 Department of Neurology, National Minami Kyoto Hospital (1993年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • A hypothesis concerning disturbed axoplasmic flow as a common pathogenic mechanism linking amyloidogenesis and tangle formation of Alzheimer's disease.  [in Japanese]

    SHIGEMATSU Kazuo , SUGIYAMA Hiroshi , L. MCGEER Patrick

    老年痴呆(アルツハイマー病)における神経病理学的特徴として, アミロイド斑と原線維変化の二つがあるが, この両者の関係は不明である. 本研究ではこの両者の成因を統合的に説明する目的で神経軸索流障害に着目し, この障害がアミロイド斑と原線維変化を結びつける共通の原因ではないかとする神経軸索流障害仮説を提唱した. アミロイド斑を構成するβアミロイドはAPP (amyloid precursor pro …

    Japanese Journal of National Medical Services 47(12), 954-959, 1993

    J-STAGE 

Page Top