中野 為夫 NAKANO Tameo

ID:9000256519423

国立京都病院救命救急センター Kyoto National Hospital (1996年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • The Surveillance, Clinical and Bacteriological Studies of MRSA.  [in Japanese]

    ASAMOTO Hitoshi , FUKUYAMA Takuo , MURAKAMI Etsuko , KANAI Kazuko , SAKAMOTO Yumiko , JONAN Yukino , OYABU Sadako , NAKANO Tameo , YAMASHITA Kohei , SAKEMI Hideta

    国立京都病院において, 1986年に69件であったMRSAの検出患者数が1988年には190件まで増加し, その後減少したが, 1994年以降再び増加し, 150件を越えるようになった. MRSAは喀痰から最も多く検出され, 尿と合わせると57%を占めた. 1994年には, MRSAに対して高率に感受性を示す抗生物質はVCM, ABK, ST合剤のみであった. 救命救急センター(ICU)におけるM …

    Japanese Journal of National Medical Services 50(11), 776-780, 1996

    J-STAGE 

Page Top