中原 進之介 NAKAHARA Shinnosuke

ID:9000256520101

国立岡山病院整形外科 National Okayama Hospital (1997年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • A Child Case of Acute Myeloid Leukemia with Granulocytic Sarcoma.  [in Japanese]

    KOYAMA Teruhisa , KANADANI Tomohisa , SUENAGA Atsushi , NAKAHARA Shinnosuke , MURAKAMI Motomasa

    症例は8歳の男児. 平成8年1月中旬頃より右下肢痛が出現し, 右下肢筋力低下, 腰痛. 排尿困難も加わってきたため, 近医でMRI検査を受け骨盤内腫瘍を指摘された. 入院時末梢血液検査で貧血, 血小板減少症, 白血病細胞出現が判明し, 骨髄検査の結果と合わせて, 顆粒球肉腫を伴った急性骨髄性白血病(FAB分類: M2)と診断された. 染色体検査では45, X, -Y, t(8;21)などの異常が検 …

    Japanese Journal of National Medical Services 51(10), 486-489, 1997

    J-STAGE 

Page Top